【高校日本史】享保の改革(徳川吉宗の政治)

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】享保の改革(徳川吉宗の政治)についてまとめています。

享保の改革

徳川吉宗の時代には諸物価の中で米価が相対的に安くなり、俸緑米を売って生活する武士はますます困窮した。享保改革の時期に、徳川吉宗が登用した青木昆陽が甘藷の栽培にあたったり、オランダ語を学んだりした。

スポンサーリンク

土地改革

幕府は18世紀前半、薬用として朝鮮人参や、凶荒用食物として甘藷(さつまいも)などの栽培を奨励した。幕府は享保の改革で、定免法を採用し、年貢量は増加した。

定発法は一定の年貢率で本年貢を課すものであるが、それは永続的なものではなく一定の年限を設けるのが普通であった。町人請負新田などの新田開発が奨励された。徳川吉宗により町奉行に登用された大岡忠相は、市政改革を行うとともに、裁判の基準となる法典の制定などにあたった。

享保改革の時期に幕府は施政に関する意見や役人の不正に対する市民への投書箱である、目安額を設置した。実学奨励のために、キリスト教関係以外の漢訳洋書の輸入を認めた。大名は、財政窮乏に際して、家臣に対し半知の手段をとることがあった。金銀貸借についての争いが続発したため、幕府は相対済し令を出管借に関する訴訟を受け付けずに当事者間で解決させることにした。

財政政策

財政が悪化した江戸幕府では、収入増加の政策が推進された。その例としては、過去の平均年員量から年貢率を決める定免法を採用したことや、鉄座や真鍮歴による専売政策などが挙げられる。

田沼意次の政治

徳川家治の老中、田沼意次は、株仲間を公認し、彼らから営業税として運上を徴収した。「役人の子はにぎにぎどが見え」とは、田沼意次の時代に施設が横行したことを詠んだものである。 田沼意次は、朝鮮人参座をおいて朝鮮人朝鮮人参座をおいて朝鮮人参の専売制をいた。

田沼意次の時代には、金貨の単位で表された初めての銀貨である、南鎌二朱銀が鋳造された。俵物など海産物に輸出を疑励した。幕府内で権力を振るった田沼意次は、息子の意知が殺されるとともに失脚した。

まとめ

徳川吉宗は、1716年、紀伊藩主から8代将軍となり享保の改革をすすめる。質素・倹約をかかげて実施。

  • 上米の制…参勤交代で大名が江戸にいる期間を短くするかわりに、幕府に米をおさめさせた。
  • 公事方御定書…公平な裁判の基準となる法律。
  • 目安箱…民衆の意見を取り入れるために置かれた。
    享保の改革により、幕府の財政は一時的に持ち直した。

徳川吉宗の一問一答

  1. 1716年、7代将軍徳川家継が8歳で死去し家康以来の宗家が途絶えたあと、紀伊徳川家から迎えられた8代将軍は誰か。
  2. 家康の曽孫である8代将軍は、家康時代への復古を掲げ、側近政治をやめて改革をおこなった。財政再建・ 商業資本統制・法制の整備を柱とするこの改革政治を何というか。
  3. 徳川吉宗は旗本に対して、役職の標準石高を定め、それ以下の者が就任するとき、在職中のみ不足分を支給する制度をはじめ、人材の登用と支出の抑制をはかった。 この制度は何か。
  4. 徳川吉宗は増収策として「御恥辱をも顧みられず」と諸大名に八木(米)の上納を命じた。この政策は何か。
  5. 徳川吉宗は、旗本・御家人と札差の間に激増する貸借訴訟に対し、評定所ではいっさい受理せず、すべて当事者間の和談で解決させる法令を出した。これは何か。
  6. 徳川吉宗は幕領に対し、従来の検見法による年貢納入を改めて、豊凶にかかわりなく税率を一定にする方式を広く採用し、年貢増徴をめざした。この方式を何というか。
  7. 徳川吉宗は商業を統制するため、問屋商人に同業者団体を組織させ、独占的営業を公認した。その同業者団体を何というか。
  8. 徳川吉宗が長崎貿易における輸入品目の規制をゆるめて、この時期にキリスト教関係以外について輸入制限をゆるめたものがある。それは何か。
  9. 商品経済の発達に伴い、吉宗が栽培をすすめた作物・ 薬草などを2つあげよ。
  10. 徳川吉宗が庶民の意見を求めるため,評定所前に置いた投書箱を何というか。
  11. 目安箱の投書により、徳川吉宗は貧民を対象とする医療施設を設けた。それは何か。
  12. 目安箱の投書により、徳川吉宗は江戸の消防組織づくりを町奉行大岡忠相に命じた。このときに結成された消防組織を何というか。
  13. 徳川吉宗は法制を整えるため、老中を主任に命じ、三奉行らに上下2巻の刑事・行政関係の法令や刑法・訴訟法に関する規定を編纂させた。それは何か。

解答

  1. 徳川吉宗
  2. 享保の改革
  3. 足高の制
  4. 上げ米
  5. 相対済し令
  6. 定免法
  7. 株仲間
  8. 漢訳洋書
  9. 甘藷、朝鮮人参など
  10. 目安箱
  11. 小石川養生所
  12. 町火消
  13. 公事方御定書

解説

4.大名に対し石高1万石につき100石の米を上納させる制度 が実施された1722~30年の間は、参勤交代での諸大名のエ 戸在府期間が半減された。これにより幕府は年18万7000石 の収入をあげた。享保の改革での財政再建策には、支出の 抑制をはかるためのきびしい倹約令もあった。

9.徳川吉宗は産業開発に役立つ実学を奨励した。吉宗の命でオ ランダ語を学習して「和蘭文字略 考』を著した青木昆陽は、 備荒作物としての甘藷栽培にもつうじ『著著考』を著した。 なお, 甘庶はさとうきびのこと。

13.この編纂にあたったのが、大岡忠相ら。なお、1615年以降の触れを類別に編纂したのが御触書寛保集成。

政治 あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク