▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

共通テスト英語リスニング対策の仕方

共通テスト英語リスニング対策の仕方です。

スポンサーリンク

共通テスト英語リスニング対策

リスニングというと「耳を慣らす」「出だしに注意して聞く」「全体の内 容をつかむ」とムチャクチャなことばかり言われますが、いくら集中しても聞こえないものは聞こえません。

それは、リスニングができない原因は「正しい音を知らない」の原因です。

では、「正しい音」について説明しましょう。

たとえば、
toは「トゥー」とは素直に発音されません。toのホントの発音は「夕」です。普段思っている「トゥー」 は強調したいときのオーバーな言い方で、ふだんはまず使われません。
andは「アンド」ではなく、「アン」や「ン」って聞こえるはずです。だからham and eggs 「ハム・ン・エッグ」→「ハムエッグ」に聞こえるはずです。

辞書で確認

たto かandを辞書で確認してみてください。

《弱》と《強》の2通りの発音が載ってます。

toの場合の辞書の説明では
《弱》弱形:ふだんの発音 例 “to”の弱形は「タ」
《強》強形:強調・ていねいな発音 例 “to”の強形は「トゥー」
となっています。

日本人は単語を「強形」で覚えてしまう傾向があります。というより「強形」しか知らないk教わらないという現実もあります。でも実際の英語は「弱形」で発音される場合が圧倒的に多いということです。

とかくリスニングになると「聞こえないからダメ」と思っちゃいますが、toやandのように「聞こえない」どころか「最初からそうは言っ ない」ってことがホントによくあります。

思い込みを捨て、短い音を意識

さらに、日本人はand「アンド」だと思いこんでいます。

しかしながら、実際ネッティブは「ン」って発音してるわけです。「アンド」→「ン」になってる ので、発音する時間は3分の1になります。言い換えれば3倍速で発音されてるように感じるわけです。

日本人が思ってるより、実際の単語は短いです。単語が短いから、しゃべる時間も短くなる。それを「しゃべるの速い!」と錯覚するにすぎないのです。

スポンサーリンク

リスニングのポイント

弱形をマスターすると、リスニング力は劇的に変わってきます。もちろん練習は必要ですが、ただやみくもに英語を聞くより圧倒的に効率的な勉 強ができるようになります。

原稿本文の活用

リスニングのスクリプト(原稿本文)を理解できるか>

もし手元に過去問があったら、リスニング問題のスクリプト(原稿本文)をふつうに読んでみてください。どういう英文が出ているのかを、自分の目で確かめてください。共通テストのリスニングは筆記よりレベルが高いことです。リスニングの前に、 まず「きちんと読める英語力」をつけるのが、先決だということがわかります。

コメント

テキストのコピーはできません。