【高校生物】末しょう神経のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】末しょう神経のまとめです。

末しょう神経

中枢(脳と脊髄)から出て、からだの各部に分布する神経を末しょう神経系という。はたらきのうえから、体性神経系と自律神経系に分けられる。

スポンサーリンク

体性神経系

運動や感覚のような意識と関係のある動物的なはたらきに関係する神経系である。体性神経系には、興奮を中枢から末しょうへ伝える遠心神経と、末しょう(受谷器)から中枢へ伝える求心神経があり、前者を運動神経、後者を感覚神経という。

自律神経系

呼吸や循環のような意志と無関係なはたらきに関係する神経系である。自律神経はすべてが遠心神経で、興奮を中枢神経から末しょう器官(皮膚や内臓 諸器官)に送るだけである。

特徴

自律神経系の大きな特徴は、1つの器官にふつう2種類の神経を送りこんでいることである。その1つは胸髄と腰髄から出る交感神経で、もう1つは脳(中脳と延髄)と仙髄から出る副交感神経であり、これらは対抗的(拮抗的)なはたらきをしていることが多い。

脳神経と脊髄神経

末しょう神経系は、それらが出入りする中枢の部分によって、脳神経と脊髄神経に分けることもできる。

  • 脳神経…脳から出る神経には、嗅神経・視神経・動眼神経・滑車神経・三さ神経・外転神経・顔面神経・内耳神経・舌咽神経・迷走神経・副神経・舌下神経の12対がある。
  • 脊髄神経…脊髄からは、けい顔から8対のけい神経、胸髄から12対の胸神経、腰髄から5対の腰神経、仙髄から5対の仙つい神経、尾髄から1対の尾骨神経の合計31対の神経が出る。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク