【大学入試・英語】「名詞と冠詞」出題ポイント!

シェアする

スポンサーリンク

【大学入試・英語】「名詞と冠詞」出題ポイント!について、まとめています。

名詞のポイント

可算名詞には単数と複数があり、形・意味・用法に注意が必要である。

スポンサーリンク

単複で意味が異なる

  • Every country has its own customs.
  • He had some trouble at the customs.

複数形になると単数形とは異なった意味を表す名詞がある。

常に単数

  • Linguistics is the science of language.

常に複数形で用いられる名詞がある。単数扱いをするものと複数扱いをするものとがある。

  • 学問名:economics, ethics, mathematics, physics, etc. (単数扱い)
  • 病気名:measles, the blues, etc. (一般に単数扱い)
  • 慣用表現:change trains, make friends with, shake hands with, etc.

数量の表し方

  • She offered me a cup of coffee and gave some pieces of advice.

不可算名詞の数量の表し方に注意が必要である。

  • 個数:a piece of, an item of, a cake of a slice of, etc.
  • 容器:a cup of a glass of, a spoonful of, etc.
  • 量目:a pound of, a kilogram of, a ton of, etc.

名詞を中心とした表現

名詞を中心とした表現である「無生物主語」「名詞構文」は入試で頻出の項目である。

無生物主語構文

  • This bus will take you to the museum → If you take this bus, you’ll get to the museum.

無生物主語構文の無生物主語は意味の上では副詞句(節)の働きをしているので、和訳するとき には副詞的に訳し,目的語の人を主語にして訳すと自然な日本語になる場合が多い。

名詞構文

I am happy to hear of your safe return.→I am happy to hear that you returned safely.

動詞・形容詞が名詞化された名詞を含む名詞構文では,上の例のような書き換え問題がよく出る。

冠詞の注意点

冠詞は日本語にない品詞なので,その使い方は難しい。英作文では特に注意が必要。

  1. a(an)の用法:one ~,acertain ~ , Some ~, the same ~, per ~, any ~
  2. the の用法:前出の名詞,前後関係からそれとわかる名詞, 常識的に「唯一のもの」最上級の形容詞またはこれに準じる形容詞などの修飾語のついた名詞の前につける。
  3. 冠詞を用いない場合:go to school, breakfast, play tennis, by train, Side by side, 補語なっている職名を表す名詞
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク