高校【英文法の要点まとめ】ここだけは押さえる!

シェアする

スポンサーリンク

高校英文法について、まとめています。

目次

動詞

  • 自動詞は目的語を必要としない動詞である。目的語をとるときには動詞の後に必ず前置詞を必要とする。
  • 他動詞は必ず目的語を必要とする動詞である。

多くの動詞には自動詞・他動詞の両方の用法がある。

スポンサーリンク

自動詞の例文

  • They left early this morning.
  • They left for New York early this morning.

自動詞である動詞

目的語をとるときには前置詞が必要。

  • agree with him
  • apologize to her
  • arrive at the station
  • start from Tokyo

他動詞の例文

  • They left New York early this morning.

他動詞である動詞

前置詞は不要。語法訂正問題などに頻出なので要注意。

  • attend the meeting approach her
  • enter the room
  • discuss the matter
  • marry her (cf. be(get) married to her)
  • resemble his mother
  • reach the station

文型のポイント

第2文型

  • This flower smells Sweet.

第2文型(SVC)を構成する動詞の補語は名詞、形容詞(及び形容詞相当語句)などである。「This flower smells sweetly.」とはならない。

第2文型で用いられる主な動詞

  • be
  • become
  • get
  • grow
  • turn「~になる」
  • look
  • seem「~らしい」
  • feel(知覚を表す動詞)
  • smell(知覚を表す動詞)
  • taste(知覚を表す動詞)
  • keep
  • remain
  • prove

など

4文型から3文型への書き換え

  • She made me a nice dress. → She made a nice dress for me.

第4文型 (SVOO)の文を第3文型(SVO)に書き換えるとき、動詞によって前置詞が異なる。

  • S+V+O+to+人…give, lend, teach, tell, etc. (注)この形が一番多い。
  • S+V+O+for+人…buy, get, make, leave, find, etc.
  • S+V+O+of+人…ask

第5文型 (SVOC)

第5文型は様々な形があって複雑である。読解、文法問題で頻出なので十分な学習が必要。

  • You’ll find the book interesting.

第5文型の目的語と補語の間には<主語-述語>の関係がある。(the book is interesting)

  • My parents let me have my own way in everything.

補語が次のような場合には、使われる動詞は決まっている。

  • 原形不定詞…make, have, let(使役動詞),see, watch, hear, feel (知覚動詞)
  • 分詞…see, watch, hear, feel(知覚動詞],keep, make, have
  • to 不定詞…want, ask etc

名詞のポイント

可算名詞には単数と複数があり、形・意味・用法に注意が必要である。

単複で意味が異なる

  • Every country has its own customs.
  • He had some trouble at the customs.

複数形になると単数形とは異なった意味を表す名詞がある。

常に単数

  • Linguistics is the science of language.

常に複数形で用いられる名詞がある。単数扱いをするものと複数扱いをするものとがある。

  • 学問名:economics, ethics, mathematics, physics, etc. (単数扱い)
  • 病気名:measles, the blues, etc. (一般に単数扱い)
  • 慣用表現:change trains, make friends with, shake hands with, etc.

数量の表し方

  • She offered me a cup of coffee and gave some pieces of advice.

不可算名詞の数量の表し方に注意が必要である。

  • 個数:a piece of, an item of, a cake of a slice of, etc.
  • 容器:a cup of a glass of, a spoonful of, etc.
  • 量目:a pound of, a kilogram of, a ton of, etc.

名詞を中心とした表現

名詞を中心とした表現である「無生物主語」「名詞構文」は入試で頻出の項目である。

無生物主語構文

  • This bus will take you to the museum → If you take this bus, you’ll get to the museum.

無生物主語構文の無生物主語は意味の上では副詞句(節)の働きをしているので、和訳するとき には副詞的に訳し,目的語の人を主語にして訳すと自然な日本語になる場合が多い。

名詞構文

I am happy to hear of your safe return.→I am happy to hear that you returned safely.

動詞・形容詞が名詞化された名詞を含む名詞構文では,上の例のような書き換え問題がよく出る。

冠詞の注意点

冠詞は日本語にない品詞なので,その使い方は難しい。英作文では特に注意が必要。

  1. a(an)の用法:one ~,acertain ~ , Some ~, the same ~, per ~, any ~
  2. the の用法:前出の名詞,前後関係からそれとわかる名詞, 常識的に「唯一のもの」最上級の形容詞またはこれに準じる形容詞などの修飾語のついた名詞の前につける。
  3. 冠詞を用いない場合:go to school, breakfast, play tennis, by train, Side by side, 補語なっている職名を表す名詞

人称代名詞

人称代名詞の中で特に注意すべきものには,所有代名詞・再帰代名詞および it がある。

所有代名詞

  • This dictionary is yours. (yours = your dictionary)

所有代名詞には,前後の名詞を受けて「所有格+名詞」の代用をする用法と<a/this/that/ no/some, etc. + 名詞 + of + 所有代名詞〉の2通りの用法がある。(例)a friend of mine / these books of his / some dresses of hers

再帰代名詞を含む慣用表現

  • Please make yourself at home and help yourself to cookies.

再帰代名詞を含む慣用表現の例 absent oneself from ~,avail oneself of ~, enjoy oneself, pride oneself on ~, beside oneself, between ourselves, by oneself, in oneself, etc.

その他

  • 「先行する語句・文を受ける用法」See to it that everything will be ready by tomorrow morning.

it には先行する語句・文を受ける用法の他に、「天候・時間・距離・状況などを表す用法」、「形式主語・形式目的語となる用法」、「強調構文(= It is ~ that ..)の用法」などがある。

  • 「天候・時間・距離・状況などを表す用法」It must be raining up in the mountain.
  • 「形式主語・形式目的語となる用法」It is nice of you to say so. /I make it a rule to wake up at six.
  • 「強調構文(= It is ~ that ..)の用法」It was Jiro that painted this wall.

指示代名詞

  • (基本用法)he climate of Tokyo is milder than that of Sapporo.

指示代名詞 this these), that those)には基本用法の他に, 「

  • 「副詞的用法」Why did you get up this early ?/I can’t eat that much.
  • 「先行する文の内容(の一部)を指す用法」To be or not to be: that is the question.
  • 「関係代名詞と相関的に用いる用法」Heaven helps those who help themselves.

不定代名詞

慣用表現

  • I keep five dogs. One is white, and the others are black,

one, another, other を用いた慣用表現…one ~ the other(s)../one thing ~ another / one another / each other / one after another / some ~, others..

形容詞用法

  • Lend me some money, if you have any.

some, any は代名詞の用法の他に,形容詞の用法もある。

代名詞

  • He is something of a poet.

any, every, some, no の後に – thing, -one, -body を含む合成語の代名詞もある。

仮定法のポイント

まずは、if節を使った仮定法を学んだあとに、ifのない仮定法を学んでいきましょう。

仮定法過去

現実はそうではないのに、もし~だったら、~なのに」という現実の事実に反する仮定を仮定法過去で表します。

  • If I were younger, I would go abroad again.

「If+S+過去形…,S’+助動詞の過去形+原形~」は現在の事実に反する仮定をします。be動詞は人称にかかわらずwereだが、口語では1人称、3人称の単数ではwasも用いられる。

仮定法過去完了

もしあのとき~だったら、~だったろうにという過去の事実に反する仮定を仮定法過去完了で表します。

  • If you had come earlier, you could have seen her.

「If+S+過去完了形…,S’+助動詞の過去形+have+p.p.~」は過去の事実に反する仮定を表す。

ありえない仮定

  • If I should fail, I would (will) go abroad again.
  • If someone were to give me a million yen, I would buy them all.

「If + S+ should +原形… S’+助動詞+原形~」, 「If + S+ were to +原形…, S’ + 助動詞 の過去形+原形~」は現在・未来の実現性の少ない仮定、あり得ない仮定を表す。

現在(過去)の事実に反する願望

  • I wish I could tel it to her now.
  • I wish I could have told it to her then.

「S wish + 仮定法過去 過去完了」の形が、現在(過去)の事実に反する願望を表す。

It is time

  • It is time you went to bed, children.

「It is time + S+仮定法過去~」で「~してもよいころだ」という意味を表す。

注意すべき仮定法

  • If it were not for air, we could not live. (If it were not for 〜)「もし(今)~がなければ」(仮定法過去)
  • If it had not been for your help, I would have failed in my business.(If it had not been for 〜》「もし(その時)~がなかったなら」(仮定法過去完了)
  • If it had not rained last night, we would be playing the game now. 条件節が仮定法過去完了で,帰結節が仮定法過去になる場合がある。

as if

  • He talks as if he knew everything about Japan.
  • He talks as though he knew everything about Japan.

「S+V+ as if (though] + S’ + 仮定法過去(過去完了)」は「まるで~の「~だったかのように SはVする」の意味。Vの時制と同じ「時」の内容を述べる場合は仮定法過去「前の時」の内容を述べる場合は仮定法過去完了を用いる。

  • He looks as if he had seen a ghost.
  • He looked as though he had seen a ghost.

if節のない仮定法

if節のifを省略すると、主語と述語の語順が変わって倒置になったり、またif節の代わりに、主語、副詞句、前置詞句、不定詞などが条件になることもあります。

倒置

  • Had I known the truth, I would have behaved otherwise.= If I had known the truth, ~

ifが省略されて、(were[had/shouldなど]+S)の語順(倒置)になることがある。

【大学入試・英語】「倒置」出題ポイント!になります。 倒置 (例文)Never have I seen such a beaut...

いろいろな条件の意味

「A man of sense would be ashamed of such behavior.」などのように、条件の意味が「不定詞」「分詞構文」「副詞(句)」「主語の名詞」などに含まれることがある。

  • 不定詞:To hear him speak English, you would take him for an Englishman.= If you heard [should/were to hear] him speak English, ~
  • 分詞構文:Born in better times, my father would have become a great scholar.= If he had been born in better times, ~ 副詞(句): Without (But for] your help, I couldn’t have done it.= If it had not been for your help, ~
  • 主語の名詞:A wise mother would have understood her child better.= If she had been a wise mother, she would have understood ~

if自体の省略

  • It was so quiet. You could have heard a pin drop.

「もし~ならば」の部分(条件節)が省略されて、帰結節だけの場合がある。一般に過去形の助動詞があればこの構文と考えてよい。

その他の注意すべき仮定法表現

  • that節の中での仮定法現在
  • would rather
  • as it were

などの表現に気をつけましょう。

that節の中での仮定法現在

  • I suggested that he come with me to this meeting.

(提案)(要求)を表す動詞の目的語になるthat節の中で、仮定法現在(動詞の原形)が用いられることがある。〈英〉では should を用いるほうが多い。

would rather

  • Do you mind if I smoke here? I would rather you didn’t,

(S would rather(that) S’+仮定法過去〉「むしろ~ならいいのに

as it were

  • He is, as it were, a walking dictionary.

「as it were」「いわば」= so to speak[say]

例外1

  • The man disappeared suddenly as if by magic.
  • Tom waved his hand as if to say good-bye.

as ifの後に節ではなくて、「副詞句」や「to+不定詞」が続くことがある。

例外2

  • He said, “If I were younger, I would have an adventure.”→ He said that if he were younger he would have an adventure.
  • He said, “If it is fine tomorrow, I’ll go out.” →He said that if it was fine the next day, he would go out.

仮定法は時制の一致に従わない。単なる条件文の場合には従う。

否定

  • (例文)I did not tell him not to come again.

否定語の代表の1つがnotである。文の内容全体を否定する文否定と、文中の語句を否定する語句否定がある。(最初のnotが文否定、次のnotが語句否定である。)

  • 否定語:not,never,no,nobody,nothing,nowhere,none,neither,etc.

準否定

  • (例文)I can hardly understand what you are talking about.

準否定語:few,little,hardly,scarcely,rarely,seldom,only, etc.

<ポイント>
「Little did I dream that you would come here.」のように、littleがknow,think,imagineなどの動詞の前にくると、「少しも~でない」の意味になる。

部分否定

  • (例文)I don’t quite agree with you.

all,every,both,always,quiteなどが否定語とともに用いられると部分否定となる。

二重否定

  • (例文)I cannot see this picture without thinking of my mother.=Whenever I see this picture, I think of my mother.

否定の語が2つ重なって肯定の意味になる。

否定の慣用表現

  • cannot but 原形「~せずにはいられない」
  • no longer=not ~anymore「もう~ない」
  • nothing but 「~しか…ない」
  • not ~ until「…するまで~しない」
  • It is not long before=~before long「まもなく~する」

否定語を用いない否定の慣用表現

  • anything but 「決して~でない」
  • fail to do 「~できない」
  • the last ~ to do「決して…しない~」
  • far from~「~どころではない」
  • free from~「~がない」
  • above~「~の能力がない」
  • beyond~「~を超えている」

否定のまとめ

  • noは形容詞なので、名詞の前に置かれて、その名詞を否定します。「no+単数名詞」は単数扱い、「no+複数名詞」は複数扱いとなります。
  • 「部分否定」not alwaysは、「いつもではない」つまり、「いつもからというわけではない」という意味になります。
  • 「二重否定」否定の意味を含む語を重ねて逆に肯定の意味を表す表現

原級の用法

  • You should get up as early as your mother.

同じ程度を表す肯定文には(as ~(原級)as…)を否定文には(not as~(原級)as…)を用いる。

  • He is not asso) tall as you.
  • Nothing is as(so) important as love.

Try as hard as possible.

原級を用いた重要構文

  • She is not so much a singer as an actress. (~よりはむしろ…)
  • He left the room without so much as saying good-by. (~さえしないで)
  • She is as great a violinist as ever lived. (これまでのだれにも劣らず)
  • I waited five minutes – they seemed as many hours to me. (同数の)

倍数

  • (例文)He has three times as many books as I.

倍数を表すのに(X times[twice、half] as~as…の形を用いる。(X times[twice、half]+比較級+than…)の形が使われることもある。

比較級の用法

  • The higher we go up, the colder the air becomes.

比較級にtheを用いる場合

  • He is the taller of the two. (2人のうちの~の方)
  • I like her all the better for her faults. (~のためにそれだけますます~)

ラテン語系の比較級

  • (例文)She is superior to me in math.

ラテン語系の比較級(superior、inferior、junior、senior)ではthanではなくてtoを伴う。

最上級の用法

  • Osaka is the third largest city in Japan.

最上級を用いた慣用表現

  • To the best of my knowledge, he is the best player on our team. (私の知る限り)
  • You should study for at least three hours a day. (少なくとも)

書き換え

原線→比較級→最上級の書き換え

  • No (other) mountain in Japan is as high as Mt. Fuji.
    = Mt. Fuji is higher than any other mountain in Japan.
    = Mt. Fuji is the highest mountain in Japan.

比較級の重要表現

  • A whale is no more a fish than a horse is. cf. A whale is no less a mammal than a horse is.
  • As she grew, she became more and more silent.

比較級を用いた表現には、肯定・否定がセットになっているものが多い。

  • no more than ~「たったの~,わずか~」(=only~)
  • no less than ~ 「~も(の)」(= as many [much] as ~)
  • not more than ~「せいぜい~, 多くて~」(= at most ~)
  • not less than ~「少なくとも~」(= at least ~)
  • more or less「多かれ少なかれ」
  • sooner or later「遅かれ早かれ」
  • not ~ any more = no more ~「これ以上~でない」
  • not ~ any longer = no longer ~「もはや~でない」

最上級の注意点

  • (例文)This lake is deepest at this point.

同一物の比較で、最上級が補語のとき、ふつうtheをつけない。

最上級にtheを用いない場合

  • He can run(the) fastest in our class. (副詞の最上級。《米》ではtheをつける方が多い)
  • This is Japan’s most popular summer resort. (所有格がtheの代用)
  • She is a most kind woman. (most=very)

even「〜さえも」

  • The wisest man makes mistakes.

最上級にeven「〜さえも」を補って解釈する場合がある。前後関係から判断することができる。

比較表現のその他の注意点

  • She can speak French much more fluently than he.
  • Tom is far more diligent than you.
  • I have many more books than she. (more が many の比較級の場合)
  • Ann is the very youngest of us all.
  • He is by far the best player on our team.
  • As long as I live, I’ll never forget your kindness.
    (比較)As far as I know, she is a reliable person.

as long as~:時間の制限・範囲、as far as~:距離や程度の制限・範囲を表す接続詞。

関係詞のポイント

  1. 関係詞の非制限用法
  2. whatの用法
  3. 関係詞の省略
  4. (疑似)関係代名詞 as, than, but
  5. 複合関係詞
  6. 二重限定
  7. 関係副詞の省略
  8. reason why

以上に気をつけて学習していきましょう。

関係詞の非制限用法

関係代名詞のwho,whichおよび関係副詞のwhen,whereには非制限用法がある。

  • At the station I met Takao, who is my old friend.

非制限用法の関係詞は前にコンマをつける。先行詞を補足・説明する働きをする。that,who,why,howにはこうした用法はない。「文末につける用法」と「文の途中に入れる用法」がある。

  • I went to the museum, where I saw Yuka.
  • My father, who is now in England, will come back soon.

非制限用法の場合は目的格であっても省略することはできない。

(見比べる)This is the girl (whom/that) Tom is going to marry.

句と節

非制限用法のwhichの先行詞は、前出の文の一部(句)や全体(節)になることがある。

  • He changed his mind, which made her very angry.
  • She tried to open the window, which she found impossible.

whatの用法

whatはそれ自身に先行詞

  • Just tell me what you think.

whatはそれ自身に先行詞を含む関係代名詞である。➊that which,➋the thing(s) whichと置き換えることができる。直訳すれば「~すること/~するもの」となる。

whatは関係形容詞

  • I gave her what (little) money I had.

whatは関係形容詞として、「少ないながらもすべての~」(=all the~that…)の意味を表す。few,littleなどを伴うことがある。

whatを含む慣用表現

  • She is what we call a walking dictionary.

whatを含む慣用表現として、

  • what is called/what we call 「いわゆる」
  • what is + 比較級「さらに~なことには」
  • what with A and (what with) B 「A やらBやらで」
  • A is to B what C is to D「AのBに対する関係はCのDに対する関係と同じだ」

関係詞の省略

目的語になる制限用法の省略

  • This is the house(which/that) we bought last year.

動詞・前置詞の目的語になる制限用法の関係代名詞は省略できる。また関係副詞のwhen,whyも省略されることがある。

  • This is the house in which I was born. → This is the house (which/that) I was born in.
  • Sunday is the day (when) I am quite free. There is no reason(why) you should do it.

主格の省略

  • There is a man at the door (who) wants to see you.

関係代名詞の主格が省略できる場合がある。(上の文はThere is 構文の場合。)

  • Tokyo is not the city (which/that) it used to be fifty years ago. (関係代名詞が be 動詞の補語)

(疑似)関係代名詞as,than,but

  • As is often the case with him, he is absent today.
  • Read such books as will benefit you.

asは先行詞の前に、such,the same,as,soなどを伴う相関的な用法と、主節の一部や全体を先行詞とする用法がある。

比較級の相関

  • Her father gives her more money than is necessary.

thanは先行詞に比較級を伴って、相関的に用いられる。

否定構文

  • There is nobody but has his faults.

but(=that~not) は、There is…の否定構文に続き、「~しない人/物はない」の意味になる。

複合関係詞

関係詞に-everのついたものを複合関係詞という。

  • I’ll do whatever (= anything that) you ask me to do.

複合関係代名詞は名詞節を導く。

  • You may take whichever shirt you like.

複合関係代名詞には形容詞用法もある。

<格の違いに注意>

  • He told the story to whoever (= anyone who) would listen.
  • He told the story to whomever (= anyone whom) he met.

複合関係副詞

  • Wherever (= No matter where) you go, I’ll follow you.

関係副詞when,where,howに-everのついたものは複合関係副詞と呼ばれ、「譲歩」を表す副詞節を導く。

関係詞の注意すべき用法

  • I saw a man who I thought was his brother.

関係代名詞の後に

<格の違いに注意>

  • That is the man(who/that) I hear is very interesting.
  • That is the man(whom/that) Ihear she loves.

二重限定

  • There is nothing that I know which he doesn’t know.

2つの制限用法の関係代名詞が、接続詞を伴わずに同じ先行詞を修飾する用法を(関係代名詞の二重限定〉と呼ぶ。先行詞nothingを関係代名詞 that,whichが修飾している。

関係副詞の省略

  • That is (the point) where you’re mistaken.
  • This is how(= the way) he solved the problem.

関係副詞には先行詞を省略する用法もある。howの場合はもともと先行詞がなく、howかthe wayのどちらか一方だけを用いる。

reason why

関係副詞whyは先行詞に必ずreasonを取るので、reason why ~で「~する理由」の意味だと覚えておけばよい。また、the reason whyのthe reasonは省略できます。また、the reasonを用いる場合は、whyを省略できる。

助動詞の意味とと使い方

助動詞は、動詞の意味を助けるもので、使い方として、「➊後に動詞の原形がくる。➋3単元のsをつけない。➌否定文では、後にnotを置く。➍疑問文では、助動詞を文頭へ出す。」となります。

助動詞+have+過去分詞

  • (例文)He may have read the book.
  • may have+過去分詞で「~したかもしれない」
  • must have+過去分詞)で「~したにちがいない」

となります。

should(ought to) have+過去分詞

  • (例文)He should have read the book.

<should(ought to) have+過去分詞>は「~すべきだったのに」「~したはずなのに」の意味を表すnotを付けたくshouldn’t [ought not to have +過去分詞)は「~すべきではなかったのに」 「~しなかったはずなのに」の意味を表す。

will/wouldの特別用法

  • (例文)The horse stopped and would not move an inch.

will/wouldは➊意志・願望、➋固執・習慣、➌傾向・習性の拒絶などの意味を表す。

  1. Those who would succeed must work hard.
  2. Yuri will have her will in anything.
  3. Children will be noisy.
  4. Toshio won’t listen to my advice.

shouldの特別用法

  • (例文)It is surprising that he should think SO.

shouldは感情・判断の提案・要望・命令・決定などを表す節の中で用いられる特別な用法がある。

  • It is strange that she should say such a thing.
  • He suggested that we(should) meet again. この should は米語では省略されることが多い。

その他の助動詞の注意すべき用法

  • be…The sun is set. (be + 自動詞の過去分詞=完了)
  • do…I do love you. (do [does/ did]の後には原形不定詞がくる。=強調のdo)/never
  • did I dream of such a thing.(副詞のneverが文頭にきたことによる倒置)
  • can…You can go now. (軽い命令)
  • may…No matter what may happen, I will go out. (譲歩を表す節の中で)
  • need…You need not have given him money.(needn’t have +過去分詞「~する必要はなかったのに(してしまった)」)
  • shall…You shall have this.(= I will give this to you. 2人称・3人称中のshallは話者の意志を表す)
  • dare…She dare not say it. (「あえて〜する」 主に否定文・疑問文で用いる)

群動詞の受動態

  • (例文)He was laughed at by everybody.

「自動詞(+副詞)+前置詞=1つの他動詞」の働きをするものには、受動態にできるものとできないものがある。受動態にできるものは全体で1つの他動詞と考えるので、前置詞を落とさないこと。

  • 受動態にできるもの…ask for、break into、catch up with、do away with、look for、etc.
  • 受動態にできないもの…belong to、get at、get in、stand for、etc.

他動詞+名詞+前置詞の形の2通りの受動態

  • (例文)The nurse took good care of the baby.
    =The baby was taken good care of by the nurse.
    =Good care was taken of the baby by the nurse.

「他動詞+名詞+前置詞」の形のものには、2通りの受動態が可能なものがある。他にfind fault with、keep an eye on、put stress on、take an interest in、take notice of など。

S+V+O+不定詞の受動態

  • (例文)The doctor told me to take this medicine.
    →I was told to take this medicine by the doctor.

<S+V+O+to不定詞>の文を受動態にするときには、元の0(目的語)を主語にして、be動詞+過去分詞の後にそのままto不定詞を続ける。

S+V+O+原形不定詞の文を受動態

  • (例文)My mother made me wash the dishes.
    →I was made to wash the dishes by my mother.

<S+V+O+原形不定詞>の文を受動態にするときには、元のO(目的語)を主語にして、be動詞+過去分詞の後にそのままto不定詞を続ける。

<be +過去分詞>以外で受け身の意味を表すもの

おもに口語では、動作を表す受動態には、<be動詞+過去分詞>の代わりに<get+過去分詞>が使われることがよくある。この構文は主語にとって好ましくないことを示すことが多い。

have(get)+O+過去分詞

  • I had my wallet stolen.

<have(get)+O+過去分詞>は人を主語にして、受け身・被害を表すのに用いられる。

2つの受動態が作れるもの

They/People say (believe、know、etc.) (that)…などの文では受動態を2つ作れる。

  • People say(that) she is arich woman.
    → It is said that she is a rich woman.
    → She is said to be a rich woman.

接続詞

等位接続詞の注意すべき用法

  • Study harder, and you’ll pass the exam.
  • Study harder, or (else) you’ll fail the exam.
  • I love her, not because she is pretty but because she is tender.
  • She couldn’t ski, nor could he.

従属接続詞の注意すべき用法

  • There is some hope that they will help us.
  • The question is whether they will help us or not.
  • I like seafood, while she likes meat.
  • It won’t be long before he visits us.
  • It was not until she got home that she missed her credit card.
  • Young as he was, his attitude was very good.
  • The moment she arrived at the station, she phoned her mother.

まとめ

  • 接続詞that…接続詞thatは「~ということ」という意味で、文と文を結び付けます。なお、接続詞thatは省略できます。(例)I think(that)the book is interesting.(私はその本はおもしろいと思います。)
  • 接続詞When…whenは「時」を表す接続詞で「when+主語+動詞」で「~するとき、~のとき」という意味を表します。「when+主語+動詞」は、文の前半と後半のどちらにも置くことができます。(例)When I was young, I lived in Fukuoka.=I lived in Fukuoka when I was young.
  • 接続詞if…ifは、「条件」を表す接続詞で「If+主語+動詞~」で「もし~ならばという意味を表します。「If+主語+動詞~」は、文の前半と後半のどちらにも置くことができます。(例)If you are free, please help me.=Please help me if you are free.
  • 接続詞because…becauseは「理由」を表す接続詞で「because+主語+動詞~」で「~だから、~なので」という意味を表します。(例)I cannot go because I am busy.(私は忙しいので行けません。)
  • その他の接続詞…接続詞and,but,or,soは、語と語、句と句、文と文を対等の関係で結びつけます。

接続詞を含む連語

  • both A and B「AもBも両方とも」
  • not only A but also B「AだけでなくBも」
  • so~that…「とても~なので…」
  • not A but B「AでなくB」
  • as soon as~「~するとすぐに」
  • as~as…can=as~as possible「できるだけ~」

形容詞・副詞

形容詞の用法

形容詞には名詞を修飾する限定用法と,補語になる叙述用法の2つの用法がある。

  • The baby is asleep.

形容詞の中にはどちらか1つの用法しかないものがある。

限定用法のみ:a live show, a mere child, the main street, an elder brother,sheer nonsense, utter failure, etc.
叙述用法のみ: asleep, alive, afraid, awake, aware, content, subject, etc.

意味の異なる形容詞

限定用法と叙述用法で意味の異なる形容詞がある。

  • What is your present job ? / All the students were present.
  • Her late husband was very generous. / She was late for school.
  • Raise your right hand. / You are right in saying so.

形容詞の位置

  • I have nothing particular to do.

上の文のように、限定用法の形容詞が, 名詞の後ろにくる場合がある。 a fence 10 feet high, all the means possible, cheese famous all over the world

数量形容詞

  • I have seen the picture a good many times.
  • I was not a little surprised at the news.

many, much を含む慣用表現として、a great many「非常に多くの」,a good many「かなり多くの」 as so] many [much]~「(それと)同数の~」, much of ~「ひどい,すごい、たいした~」, etc.

few, little を含む慣用表現: only a few [little]~「ほんの少しの~」, quite a few [little]〜「か なり多くの~」, not a few ~「少なからぬ〜」

cf. Little did I dream of seeing you here. * little は副詞で「まったく~ない」の意味。

副詞の用法

副詞の修飾

  • The girls were playing happily. / Happily, the weather was fine.

副詞には動詞・形容詞などの語句を修飾する用法と,文全体を修飾する用法の2通りがある。
Fortunately, she wasn’t injured. = It was fortunate that she wasn’t injured.

ly

  • He came late today. / I haven’t seen him lately.

lyの有無で意味が異なる副詞がある。near-nearly, hard-hardly, high-highly, most-mostly

副詞の語順

  • I met her at the station at four o’clock.

「場所+時間」の順序になるのが原則である。

前置詞

主な前置詞の注意すべき意味

at

  • She was surprised at the sight of them. (原因・理由)
  • The bus was running at 60 miles an hour. (速度・割合)

by

  • She was standing by the window. (位置)
  • Her husband is paid by the week.(単位)

for

  • The train for Osaka has already left. (方向)
  • I bought this vase for 10,000 yen. (交換・代償)

from

  • He got tired from walking for a long time.(原因)
  • The heavy snow kept our train from arriving on time.(抑制・防止)

in

  • Two in five students wear glasses. (限定・範囲)
  • Let’s see again in a few days.(時の経過)

of

  • We cleared the street of snow. (分離・除去)
  • She is a woman of great ability.(性質・属性)

on

  • London stands on the Thames. (接触・近接)
  • On hearing the news, she turned pale. (時間的接触)

to

  • To my joy, my brother won the game. (結果)
  • Is this the key to the box ? (関係・付着)

まとめ

時を表す前置詞

  • at~「~に」時刻
  • on~「~に」日付・曜日
  • in~「~に」月・季節・年
  • for~「~の間」
  • before~「~の前に」
  • after~「~のあとに」
  • during~「~の間に」
  • from~「~から」
  • since~「~以来」
  • until~「~まで」
  • by~「~までに」

など

場所を表す前置詞

  • at~「~に」比較的狭い場所・地点
  • in~「~に」比較的広い場所・空間の内部
  • on~「~の上に、~に接して」
  • under~「~の下に」

その他の前置詞

  • with~「~といっしょに、~を使って」
  • without~「~なしで」
  • by~「~によって」
  • like~「~のように」
  • about~「~について」

など

注意すべき前置詞

  • forとduring…forのあとには、不特定の前置詞を表す語句(a yearなど)きます。一方で、duringのあとには、特定の期間を表す語句(the vacationなど)がきます。
  • until(till)とby…継続する状態の終点を表し、byはある動作の完了する時点を表します。

話法

直接話法 一人の言葉をそのまま伝える。 間接話法 一人の言葉を自分の言葉に直して伝える。

  • She said to me, “I bought this camera yesterday.”(直接話法) → She told me that
  • she had bought that camera the day before. (間接話法)

上の文中の said to, told を伝達動詞と呼ぶ。””, that ..の部分を被伝達部と呼ぶ。

ルール

直接話法を間接話法に換えるときには,次のようなルールに従う。

  1. 伝達動詞を変える:said to → told(例文の場合は被伝達文が平叙文なので)
  2. 接続詞を補う:that(例文の場合は被伝達文が平叙文なので:省略も可)
  3. 代名詞を伝達者の立場に立って変える:I→ she, this camera → that camera
  4. 伝達動詞が過去の時は,時制の一致を行う: bought → had bought
  5. 副詞を内容に応じて変える:yesterday → the day before [the previous day]

伝達動詞が変わる

  • Ruth said to me, “Did you know the fact ?”→ Ruth asked me if (whether] Ihad known the fact.

伝達部の文の種類によって、伝達動詞は変わる。

  • 平叙文:tell, say, report, answer, etc.
  • 疑問文: ask, inquire, demand, etc.
  • 命令文:tell, ask, order, advise, etc.
  • 感嘆文:cry, exclaim, sigh, etc.
  • 祈願文: pray

立場や時間

  • He said, “I’ll come back tomorrow afternoon.”→ He said that he’d come back the next afternoon.

副詞・代名詞は伝達者の立場や時間で次のように変える。

  • this(these) → that(those)
  • now → then
  • today → that day
  • yesterday → the previous day
  • the day before, tomorrow → the next [following] day
  • next week → the next [following) week
  • last night → the previous night,the night before,
  • ~ ago →~ before
  • here → there

など

時制の一致

話法の転換に欠かせないのが、 時制の一致である。

  • He says that it is a good idea. → He said that it was a good idea.

文の述語動詞が過去形になると,名詞節の動詞も自動的に過去(または過去完了)になる。

時制の一致に従わない

  • We were taught that the earth goes round the sun.

文の述語動詞が過去形であっても,名詞節の動詞が時制の一致に従わないことがある。

  • 格言・習性: My father would often say that time is money. (現在)
  • 歴史上の事実: The teacher told us that World War I ended in 1945. (過去)
  • 仮定法:I wish I were a bird. → I wished Iwere a bird.
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る