大学入試面接対策|面接当日の心構えと注意点

シェアする

スポンサーリンク

大学入試面接対策|面接当日の心構えと注意点についてまとめています。

面接当日の心構え

スポンサーリンク

筆記試験後にメモ

「今日の小論文はちゃんと書けましたか?」などのように、筆記試験の出来を尋ねられる場合がある。これらの質問は、筆記試験でのミスを挽回するチャンスとなる。小論文でも英語でも、試験が終了したら、書いた内容を思い出し、メモ書きしよう。頭の中で整理するだけでもよい。メモが頭に入っていれば、筆記試験に関する質問を受けた場合に挽回できる。

面接シートは1行目が重要

試験当日に面接シートが配られることがある。面接シートには、面接官がさっと目を通しただけでも主張が読み取れるように、1行目に言いたいことをズバリ書くことが重要だ。

はっきりする

面接でマイナスの印象を与えるのは、はっきりしないことだ。質問されているのに、うつむいて黙り込んだりすると、わからないのか、不真面目なのかわからない。「わかりません」「すみません、聞き逃しました。もう一度質問をお聞かせください」などと、はっきり自分の意思を伝えることが大切だ。

満点ではなく合格点を目指す

面接ですべてがパーフェクトにできることはありえない。誤った対応や不本意な回答の1つや2つは必ずあるものだ。入試面接は何も接客のプロを育てる試験ではな い。だから満点を目指す必要はない。大切なのは、失敗をした後、尾を引かないことだ。気持ちを切り替え、次の質問に気持ちを集中させよう。

落ち着く

  • 恥ずかしがらずに
  • わかりやすく
  • 好印象を与えるように

など、自分を落ち着かせよう。

控え室での注意点

  • 携帯電話の電源をOFFにしておく。
  • 心を落ち着かせておく。長時間待つこともあるので、面接準備のおさらいをするなど、過ごし方を考えておくとよい。
  • 大声で雑談しない。
  • トイレなどで席を離れるときは、係の人に言って許可をもらう。

持参物

  • 受験票はもったか。
  • 集合時間・場所は確認したか。
  • 筆記用具はそろっているか。
  • お金(交通費など)は小銭も用意したか。
  • ハンカチ・ちり紙はもったか。
  • 生徒手帳はもったか。
  • 弁当(指定された場合)はもったか。
  • 上ばき(指定された場合)はもったか。
  • 学校までの交通経路に不確かな点はないか。
  • 身だしなみに問題点はないか。

あわせて確認

以上が、大学入試面接対策|面接当日の心構えと注意点となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク