大学入試面接「志望動機・志望理由の答え方」気をつけたいこと

シェアする

スポンサーリンク

大学入試面接「志望動機・志望理由の答え方」についてまとめています。

志望動機・志望理由の答え方

大学入試の面接では、AO・推薦など入試形式に関わらず必ずと言っていいほど、「志望動機」「志望理由」は聞かれます。志望理由については、志望理由書を提出しているので、同じことを言っていいのか、戸惑う受験生もいるようですが、同じことを言っていいのです。その際気をつけたいことがあります。
確認大学入試AO・推薦対策|志望理由書の書き方とポイント

スポンサーリンク

志望理由で気をつけたいこと

「志望理由書」を丸暗記してそのまま言わないということです。ポイントは、キーセンテンスだけを覚えておいて、あとはアドリブといいますか、自分の思いのたけをぶつけるというのが望ましいです。暗記してしまうとどうしても、それを思い出そうとしてしまい、言葉に力がなくなり、覇気がないと感じとられるかもしれません。つまり、言霊がないということです。

内容としては、「志望理由→きっかけ→学びたいこと(志望学部・志望学科について)→ビジョン」という流れで述べるのが一般的です。

志望理由を答えるコツ

  1. ゆっくり述べる
  2. ハキハキ述べる
  3. アドミッションポリシーに合致していうことを添える
  4. 未来の展望(大学での学び、将来のビジョン)などに結び付け、明るく締める

以上の4点を外さなければ、堂々とした「志望理由」を述べられることになります。特に、志望学部・志望学科については、より具体的に何に興味があり、何を学びたいかを述べるようにしましょう。

大学パンフレット・入試要項を熟読する

具体的に、志望学部・志望学部について述べていくわけですが、ここで具体的とは、何を指すかというと、「具体的なゼミ」「具体的な授業」「具体的なカリキュラム」「具体的な設備・施設」「具体的な制度」などを組み合わせて、なせこの大学なのか、なぜこの志望学部なのかという理由に説得力を上乗せしていきます。

事例を示す

もし志望する大学や学部に、先輩や親族、知り合いが在籍、卒業されている人がいるのであれば、その事例を示してもいいでしょう。いい大学と聞いた、ぜひと勧められたなどです。そうでなくとも、教授の書籍を読んで感動した、メディアを通じて諸先輩の方を知ったなどの事例でも構いません。

このように事例を示すことで、普段から志望大学志望学部が身近にありアンテナを張っていたということをアピールできます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク