【日本史】桃山文化

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】桃山文化についてまとめています。

桃山文化

キリスト教の宣教師は活字印刷術を用いて『イソップ物語』などを出版した。活版印刷の伝来後も、日本では木版印刷が長く利用された『唐獅子図屏風』は、城郭内部を装飾するために幕府の御用絵師として活躍した大和絵の装飾画家である狩野永徳によって描かれた障壁(厚)画で、戦乱の世を勝ち抜いた武将たちの自負を反映した、豪華で雄大な構図が特徴である。

『洛中洛外図屏風』には、京都の名所のほか、当時の行事や習俗も描かれており、それらの行事の中には今に伝わるものも多い。江戸時代の狩野派では、狩野探幽が幕府の御用絵師になると、子孫がその地位を世襲したため、様式の踏襲に留まった。

スポンサーリンク

庶民の文化

念仏踊りに簡単なしぐさを加えた阿国歌舞伎は、女役者が舞台に立った。 牛若丸と浄瑠璃姫の恋物語を代表とする古浄瑠璃は、単純な語り 1物だったものに三味線の演奏が加わり、後に人形浄瑠璃として流行する基礎が築かれた。 茶の湯は東山文化期に成立した日本独自の文化であり、千利休が草庵茶室、侘茶を大成した。

石山本願寺の跡地には大坂城が建設された。 三味線は、琉球の三弦の楽器である蛇皮線が変形したものである。

まとめ

  • 天守閣…安土城・大阪城・姫路城など、そびえ立つ天守閣や石垣が築かれ、堀に囲まれた壮大な城は、領内の政治の中心となり、支配者の権威を示しました。
  • 書院造…城内の御殿、公家や上級武 士・大商人の邸宅などには書院造が取り入れられた。書院造を取り入れた城郭風邸宅として、秀吉が京都に造営した 聚楽第(じゃらくてい)が知られています。
  • 障壁画…城や邸宅内部のふすまや屏風には、狩野永徳・ 山楽らの狩野派や長谷川等伯らの豪華な障壁画がえがかれました。
  • 南蛮屏風…風俗をえがいた風俗画や、南査人の 風俗や生活様式を題材にした南蛮屏風が流行しました。
  • 茶道…室町時代に始まった茶の湯は、人名や大商人の間で流行していましたが、藩(大阪府)の商人の千利休が茶道(わび茶)として大成しました。

その他の文化

以上が、【日本史】桃山文化です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする