【日本史】蒙古襲来

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】蒙古襲来についてまとめています。

蒙古襲来

蒙古襲来の際には、幕府は御家人のみならず非御家人をも防備に動員した。それをきっかけとして、幕府は非御家人を動員する権限を獲得した。北条時宗が執権の時代には異国警固番役がはじまった。

蒙古が襲来した文永の役において、日本は元軍の集団戦法や「てつはう」などの火器に苦しめられた。しかしながら、博多湾を襲った元軍の撃退に成功した。外国との戦争の経験から、日本を神が加護する特別な国とみなす思想が強まった。

  • 建長寺船…鎌倉時代末期に鎌倉幕府が元に派遣した貿易船である。元寇以後も、日中間の私貿易はさかんに行われていた。
スポンサーリンク

永仁の徳政令

永仁の徳政令が出されたのは、幕府が得宗専制政治を行っていた13世紀で、それにより売却された御家人領を無償で買い戻させた。 徳政令が出された時期には荘園領主の支配に反抗する悪党が活動し、幕府はその鎮圧に苦慮するようになった。借上が窮乏化した御家人に対して、所領を担保に金を貸した。

鎌倉時代の経済

鎌倉時代には、百姓が地頭の非法を訴えた文書を荘園領主に提出することもあった。

農業

  • 水田の耕作に牛が広く利用されるようになった。
  • 肥料として草本医が用いられるようになった。
  • 西日本一帯で麦を裏作とする二毛作が一般化し、畿内では三毛作も行われた。
  • 灯油の原料となる荏胡麻が栽培された。
  • 小百姓(作人)は、鎌倉時代後期には名主と連帯して惣村を形成していった。

商業

鎌倉時代には貨幣流通が進展し貨幣も財産となったが、その貨幣は宋銭など貿易によって輸入されたものであった。財貨を扱う市場は、交通に便利で人が集まるところに設けられた。貨幣経済が浸透していくと、土倉や酒屋が高利貸によって富を蓄えていった。 中国から銭貨が輸入され、人々の生活に貨幣が浸透し始めたころ、遠隔地間では支払い手段として為替が利用され、決済のための金融業者も現れた。

  • 問丸…鎌倉時代、輸送業者として各地に現れ、年貢の輸送に当たった。港湾など交通の要地を拠点として、年貢や商品の中継・運送を行った商人を問丸と呼んだ。

まとめ

  • 農作物の収穫が増加しました。耕作に牛馬を利用しました。鉄製の農具がいっそう普及します。草や木を焼いた灰を肥料に使います。
  • 米の裏作に麦をつくる二毛作が行われます。
  • 農村では、農具をつくる鍛冶屋、衣服の染物を行う紺屋(こんや・こんや)などの手工業者が住みつきます。寺社の門前や交通の便利なところで決まった日に開かれ、米や布などの商品を並べて売る定期市が開かれます。港に町が生まれます。
  • 土地の開発…農民が行いました。民衆の団結が強まりました。農民の土地の所有権が強くなっていきました。

あわせて確認

以上が、【日本史】蒙古襲来です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする