【高校日本史】室町幕府のしくみ

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】室町幕府のしくみについてまとめています。

室町幕府

室町幕府は、守護の権限に使節遵行も加えさらに半済令によって守護が荘園・公領の年貢の半分を兵狼米として徴収することを認めた。鎌倉公方は、南北朝時代から室町時代にかけて東国を支配した鎌倉府の長であり、足利尊氏の子孫によって世襲された。

スポンサーリンク

室町幕府の財源

室町幕府の財源は、諸国にちらばる直轄領である御料所からの収入や守護や地頭への課税が基本的なもので、そのほかに段銭・棟別銭・関銭があった。

  • 段銭…田地1反単位, 棟別銭は1 軒単位で課された税。幕府はこれらを寺社の造営・修理を名 目にしばしば課税し、その一部を収入とした。
  • 関銭…交通の要地におかれた関所の通行税である。

さらに幕府は京都で高利貸し業をいとなむ土倉・酒屋からの土倉役、酒屋約や、日明貿易の利益を重要な財源としていました。

足利義満

1392年、足利義満は、南朝の後亀山天皇によびかけて南北朝の合体を実現し、南北朝の動乱に終止符を打った。 将軍足利義満の仲介を経て、南朝の天皇が北朝の後小松天皇に位を譲り、南北両朝が合体したことで、幕府の全国支配が完成した。足利尊氏は、後醍醐天皇の冥福を祈るため天竜寺建立を計画し、造営費の調達のため天竜寺船を元に派遣した。

  • 管領が将軍を補佐して政務を統轄した。
  • 侍所の長官を交代で任じられた四職とは、山名・赤松・京橋・一色氏をさす。 2

室町時代の外交

室町時代、日明貿易には大内・細川氏が、日朝貿易には宗氏があたっていた。14世紀末以降、日朝間では対馬の領主・宗氏の管理下で、幕府、守護大名、国人、商人らが参加した貿易が行われた。1419年、朝鮮軍は対馬を倭寇の拠点とみなして攻撃した。これを応永の外窓とよぶ。このため、日朝貿易は、一時中断することになった(1423年に関係修復)。日本と朝鮮との間で公貿易が行われるようになると、朝鮮からは大蔵経(一切経)も輸入されるようになった。

琉球

琉球では、15世紀の前半に、中山王・尚巴志が北山・中山・南山の3王国を統一し、琉球王国を建てた。

北海道

15世紀以降、北海道では領主とアイヌとの間で紛争が繰り返されたが、その中で最大規模のものはコシャマインを指導者とする蜂起(コシャマインの戦い)だった。

室町時代の守護

  • 使節遵行権をもち、所領紛争などについて幕府の裁判の判決を強制執行した。
  • 刈田線畜検断権をもち、一方的に作物を刈り取る実力行使を取り締まった。
  • 守護請として荘園や公領の年貢徴収を請け負っていた。
  • 守護の中には、従来の国衙の機能を吸収して、任国内 に独自に段議を賦課する者もいた。

室町時代 まとめ

  • 管領…将軍の補佐役。有力な守護が任命されました。
  • 侍所…京都を支配し、御家人を統率しました。長官には有力な守護が任命されました。
  • 鎌倉府…鎌倉に置かれ、関東の支配にあたります。
  • 守護大名とは地方の守護は、国司の権限を吸収しました。国内の武士をまとめ、独自の支配をするようになりました。武士の中には城や館を築いて領地の支配を強め、一揆をおこして守護大名に対抗するものもいました。
  • 鎌倉府…足利氏の一族が、鎌倉公方として関東を支配しました。

あわせて確認

以上が、【日本史】室町幕府のしくみです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク