【高校倫理】奈良仏教

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理】奈良仏教についてまとめています。

奈良仏教

スポンサーリンク

鎮護国家

奈良時代になると、仏教は鎮護国家の役割を担う国家仏教として位置づけられた。鎮護国家とは、仏教の力で国を災いから守り、安泰をはかることである。「三宝の奴」を自称した聖武天皇(位724~749)が諸国に国分寺・国分尼寺を建立し、総国分寺である東大寺に大仏(盧舎那仏)を造立させたのも、鎮護国家が目的であった。

南都六宗

奈良時代には、唐に渡った留学僧により各種の仏教教学が伝来し、奈良の諸寺で研究が行われた。中でも代表的な国家公認の6つの学問集団(学派) を南都六宗という。三論宗・成実宗・法相院・倶舎宗・華厳宗・律宗がそれである。後代の宗派とは異なり、当時は1つの寺院の中に複数の宗派があり、1人の僧が各宗を兼学することも自由で、教学のための集団という性格が強かった。

鑑真と授戒制度

仏教の隆盛にともなって僧を自称する私度僧が増え、政府は正式な僧(官僧)の公認制度である受戒制度を確立する必要に迫られた。そのた め唐の高僧鑑真(688 ~ 763)が招かれ、東大寺に戒壇院が設けられた。

行基

山林での修行や、民間布教に努める私度僧が多くあらわれた。行基(668 ~ 749)は、自身は正式な僧であったが、多くの民衆が私度僧として従 い、各地で布教や土木工事・貧民救済などの社会事業を行った。当初、私度僧 たちの活動は弾圧されたが、のちに認められ、東大寺大仏の造立に参加した。

奈良時代

奈良時代中期には、国府の周辺に国分寺や国分尼寺が建立された。仏教を重んじた称徳天皇は、太政大臣禅師の地位を設けた。奈良時代には貴族は、朝廷から封戸を得るなどの特権が与えられた。

  • 道鏡…称徳天皇の支持により法王となって権力を握り、撃田開発を寺院だけの特権とするために、墾田永年私財法を停止するなどした。
  • 和気清麻呂…藤原百川らとともに、皇位に就こうとする道鏡の企 てを阻止した。

確認【日本史】奈良時代

その他の教え

  1. 【高校倫理】適応行動
  2. 【高校倫理】西洋哲学の人間観
  3. 【高校倫理】パーソナリティ
  4. 【高校倫理】青年期と何か・青年期の特質
  5. 【高校倫理】青年期の課題
  6. 【高校倫理】現代における青年期のあり方
  7. 【高校倫理】ポリスと市民
  8. 【高校倫理】自然哲学とソフィスト
  9. 【高校倫理】ソクラテスの思想
  10. 【高校倫理】プラトンの思想
  11. 【高校倫理】アリストテレスの思想
  12. 【高校倫理】ヘレニズムの思想
  13. 【高校倫理】ユダヤ教の教え
  14. 【高校倫理】キリスト教の教え
  15. 【高校倫理】イスラーム教の教え
  16. 【高校倫理】バラモン教の教え
  17. 【高校倫理】孔子の教え
  18. 【高校倫理】仏陀の教え
  19. 【高校倫理】孟子の思想
  20. 【高校倫理】荀子の思想
  21. 【高校倫理】儒学|朱子学と陽明学
  22. 【高校倫理】老子の思想
  23. 【高校倫理】荘子の思想
  24. 【高校倫理】聖徳太子と仏教

以上が、【高校倫理】奈良仏教となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク