センター対策日本史|奈良時代の一問一答

シェアする

スポンサーリンク

センター対策日本史|奈良時代の一問一答です。
復習【高校日本史】奈良時代まとめ・問題演習

奈良時代の一問一答

次の問いに答えなさい。

  1. 710年から784年までの間、7人の天皇が奈良盆地北端部を都とした時代を何というか。
  2. 奈良盆地北端部に都城を築き遷都した天皇は誰か。
  3. 奈良盆地北端部に築かれた都城を何というか。
  4. 平城京の都城域内で中央を南北に走る大路を何というか。
  5. 都の左京・右京に設けられた官営の市場を何というか。
  6. 東市・西市の市場を管理した役所を何というか。
  7. 唐の銭貨にならい、708年に鋳造された銭貨を何というか。
  8. 和同開珎の銭貨以後、10世紀半ばまでに律令国家によって鋳造された銅銭の総称をあげよ。
  9. 711年、政府が銭貨の流通をはかって出した法令を何というか。
  10. 律令国家のもと,都と国府を結ぶ主要道路(駅路)が整備され、約16kmごとに、官吏が公用に利用するための馬や宿などを提供する施設が設けられた。この施設を何というか。
  11. 中央政府の支配に属さなかった東北地方の人々のことを何とよんでいたか。
  12. 7世紀半ばに、蝦夷の人々を支配するため、日本海側の前線基地として設けられた城柵を2つあげよ。
  13. 7世紀後半の斉明天皇の時代に、北陸方面に派遣され、秋田地方・津軽地方にまで遠征した人物は誰か。
  14. 712年、日本海側に新設された国を何というか。
  15. 陸奥の国府と鎮守府が置かれた。現在の宮城県にあった蝦夷支配の根拠地はどこか。
  16. 九州南部に居住し、中央政府の支配に抵抗して720年 には大隅国司を殺害して乱を起こした人々を何というか。
  17. 8世紀初めに, 九州南部に相次いで新設された2つの国の名をあげよ。
  18. このころ行政区画化された薩南諸島の島々を1つあげよ。
スポンサーリンク

解説

  1. 奈良時代
  2. 元明天皇
  3. 平城京
  4. 朱雀大路
  5. 東市・西市
  6. 市司
  7. 和同開珎
  8. 本朝十二銭
  9. 蓄銭叙位令
  10. 駅家
  11. 蝦夷
  12. 淳足柵、磐舟柵
  13. 阿倍比羅夫
  14. 出羽国
  15. 多賀城
  16. 隼人
  17. 薩摩国、大隅国
  18. 種子島、屋久島

解説

3.都は東西約4.3km、南北約4.8kmで、東西南北とも4町ごとに大路で区切られ、4町四方各区画は条坊で示された。

4.朱雀大路の北側に平城宮と朱雀門が、南側に羅城門が位置した。朱雀大路の東側の地域を左京、西側の地域を右京という。唐の都である長安をモデルに造営されたが、長安にはない外京が左京の東側に設けられた。

5.この市場で、地方から運ばれた産物や官吏に支給される布・糸などが交換された。

7.すでに7世紀の天武天皇のころ、富本銭とよばれる貨幣が鋳造されていたが、流通は限定的であったと考えられている。

9.稲・布などの物品による取引がおこなわれていたため、銭貨は京・畿内のほかの地域ではあまり流通しなかった。そのためこの法令が出され、従六位以下は10貫、初位以下は5貫の銭を蓄えると、位を1階進めることとした。

その他の時代

以上が、センター対策日本史|奈良時代の一問一答です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る