福岡大学国語の傾向と対策(勉強法)

シェアする

スポンサーリンク

福岡大学の国語傾向と対策(勉強法)についてまとめています。

福岡大学国語の傾向

  • 現代文と古文の融合問題の出題も
  • 知識問題(漢字・古語の意味・用法・文学史など)の割合も高い
スポンサーリンク

福岡大学の現代文対策

夏休みから始めるとして、私立大学志望者もセンター試験を柱とした勉強になるでしょう。センター試験レベルにまず慣れることが先決です。センター試験と言えば、時間との戦いです。センター試験の現代文の難しさか、制限時間内で高得点をあげなければならないという点にあることは言うまでもない。しかしながら、夏休みの日々の学習においては、いたずらに時間だけを気にすることなく、 まずは読解力の向上に努めてほしい。読解力が向上すれば、流れく時間の短縮にもつながるはずである。そのためにも、現代文の学習では、じっくりと本文や設問に取り組んでほしいただ単に正解できたかどうかだけにとらわれることなく、正解を選んだ根拠や他の選択肢を不正解とみなした根拠が正しかったかとうかということ まで確認するようにしてもらいたい。学習の精度を上げるというこ とが大切なのである。

福岡大学の古文対策

第一に、語彙力の拡充をはかってほしい。解答の決め手にな ることが多いし、本文を読み解くためにも語彙力は必須である。かなり多くの入試や模試では、語彙力の有無が正答率を顕著に左右しています。 第二に、基本的な文法を一通り身につけておくこと単語と同様、本文を読み解く上でも文法は重要である。また、文法も解答の決め手になることが多い。例年文法が出題 される。難しいことは問われないので、基本的なことをできるようにしておくこと。第三に、これが一番重要だが、少しでも多く古文を読んでほしい。特に、センター試験の問題文は長文なので、ふだんから読み慣れていなければならない。解答するときは、各問の解説や全文解釈と対照しながら読み直すことが大事です。そして、第四に、和歌に慣れておくこと。センター試験では和歌が頻出するので、特に和歌が出てきたら書き出して、意味を考えながら元むようにしてほしい。

福岡大学では出題はありませんが、漢文の勉強の仕方にもふれておきます。文章を声に出して読み、句形や重要語を手がかりとしながら解釈するというオーソドックスな学習が有効である。手始めに問題を繰り返し朗読し、解釈を作ってみよう。その後は、教科書や参考書、問題集に取りあげられている文章を対象に、同様の学習を重ねていくのがよいだろう。こうした地道な学習を積み重ねることで、語彙や文法についての知識、訓読する能力、そして読解力が着実に向上していくはずです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る