【高校政治経済】年金保険

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】年金保険についてまとめています。

年金保険

年金保険とは、老齢や障害などで失った所得を保障し、生活の安定や福祉の向上を目的とする社会保険である。

現在の日本の公的年金制度は、国民年金で共通の基礎年金を支給するほか、厚生年金や共済年金で報酬比例年金を支給する形になっている。1985年に国民年金法などが改正され、1986年に国民年金は原則として、20歳以上60歳未満のすべての国民の加入を義務付ける基礎年金になった。日本の年金制度はもともと積み立て方式で発足したが、物価の上昇などにより財源が不足した分を現役世代が支払う保険料で補填しているため、実質的にはほとんど賦課方式になっている。

スポンサーリンク

積立方式

積立方式とは、高齢者世代に支給する年金を、その世代が過去に支払った年金保険料の積立金とその運用益で賄う方式

賦課方式

賦課方式とは、高齢者世代に支給する年金を、その時点の現役世代から徴収した年金保険料で賄う方式である。現代の日本の方式は修正積立方式と呼ばれている。

現在日本では、近年の少子高齢化の進展と、それに伴う福祉・年金財政の逼迫化を背景に、年金の支給開始年齢の引き上げや給付水準の引き下げが進められている。

  • 「国民皆保険」「国民皆年金」制度…1958年に国民健康保険法、1959年に国民年金法を制定。農林水産業や自営業従事者を含んだ全国民の保険加入を実現。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る