大学入試・小論文解答例「日中の貿易関係」経済・商学部

シェアする

スポンサーリンク

大学入試・小論文解答例「日中の貿易関係」経済・商学部についてまとめています。そのほか、総合政策学部や国際関係学部などを受験する人にとっても参考になると思います。

<問題>
次の資料1,2,3から読み取れる中国の貿易に関する変化を整理して、400字程度にまとめよ。(資料省略)

日中の貿易関係 回答例

中国の輸入で共有する財は、2000年は加工品の割合が最も高く40%であるが、年々減少し2015年は25%ほどである。同じく資本財も減少傾向にある。消費財は5年間を通して最も割合が低いものの、年々緩やかに増加し続けている。部品は15年大きな変化はなく、20-30%台に位置しており、2015年では最も割合が高い。素材は5つの中で最も割合の上昇率が高い。年々それぞれの占める割合の差が小さくなってきている。
中国の輸入品で5年間の伸び率が最も高い品目は美術品、次いで穀物である。また、最も輸入している品は、航空機で、次いで医療用品である。日本とは、樹木・花や、香水・化粧品を多くシェアしている。
中国の輸入額は2000年から2012年までは日本が一番高かったが、2011年から減少しており、2013年から韓国が1位である。2008年の世界経済危機により、翌年の輸入額を見るとドイツはほぼ変わらないものの、それ以外の6国は減少している。年々輸入額は増大しており、各国との輸入額の差も大きくなっている。

スポンサーリンク

日中の貿易関係 添削

  1. 最初の「中国の輸入で共有する財」 共有する財? 採点者が「?」となってしまう。
  2. 最後の「年々輸入額は増大しており、各国との輸入額の差も大きくなっている。」 うん?各国との輸入額の差も大きくというは、少し事実と異なるような。または、違う言い回しがあるのかな。

日中の貿易関係 講評

資料読み取り型は、失点しないことが重要ですね。これくらい記述できているといいでしょう。1点あるとすると、なぜ、そのような結果になっているのかという背景まで記述できるといい。

この問題の場合、「中国は、2008年の世界経済危機以降、経済発展を加速させ、国民一人ひとりが経済的にも豊かになった。そのことにより、消費が医薬品や樹木・花や、香水・化粧品などの贅沢品まで手が回るようになったという背景があるのだろう。」というような文言が最後にまとめとして必要でしょう。

その背景を記述することで、教養(日ごろ、学習してきた。または、世の中にアンテナを張ってきたという事実)をアピールすることができます。ただし、今回の題意は、「整理してまとめよ。」とあるので、まとめとして「背景」は、一言添える程度が望ましい。

そのほかの解答例

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク