▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】日露戦争のポイント

【高校日本史】日露戦争のポイントです。

スポンサーリンク

日露戦争の流れ

日露戦争直前、ロシア軍は満州(中国東北部)に駐屯し、満州を勢力圏におさめようとした。日露戦争に対して、幸徳秋水や堺利彦ら平民社の機関紙『平民新聞』が社会主義の立場から反戦論を展開した。

日露戦争期、日本の利益線とは朝鮮半島を指した。日露戦争時の軍事費は、国家予算の8割以上を占め、外債はアメリカやイギリスで募集された。日露戦争の戦費は外国債以外に内債や増税によってまかなわれ、それにより国民の負担は重くなった。

ポーツマス条約

桂・タフト協定が結ばれたのと同じ年(1905年)、アメリカ大統領セオドア=ルーズヴェルトは、ロシアと日本との講和を斡旋した。

日露戦争の講和会議は、1905年5月に、アメリカ北東部の軍港条ポーツマスで締結された。日本の全県小村寿太郎とロシアの全権ヴィッテの間で結ばれました。

北緯50度以南の樺太、満州地域の一部は、ロシアとのポーツマス条約の結果、日本の支配地域となった。南満州権益の独占により、日米関係が急速に悪化した。しかし、この条約で日本は賠償金を得ることができなかった。

日露戦争後

日露戦争後の官営八幡製鉄所の発展は、中国からの原料鉄鉱石の供給に支えられていた。南満州鉄道株式会社の設立によって、満州(中国東北部)から日本への油粕(大豆粕) 輸入の増大が促された。さらに、日本では講和反対運動などをきっかけに、貧困に悩む民衆がしばしば騒擾事件を引き起こした。また、アメリカが満州への経済進出の動きを示したことに対抗するため、日本とロシアは接近して1910年に日露協約を改定した。

コメント

テキストのコピーはできません。