【日本史】旧石器時代

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】旧石器時代について記述しています。

旧石器時代

約1万年前まで続いた更新世は氷河時代とも呼ばれ、この時代の化石人骨はいくつか発見されている。静岡県浜北人・沖縄県港川人や山下町洞人など、いずれも段階のものとされている。

スポンサーリンク

石器

人類がまだ金属器を知らなかった石器時代は、基本的に打ち欠いただけの打製石器を用いる旧石器時代と完新世以降、石器を磨いて仕上げた磨製石器が出現する新石器時代とに分けられる。

日本の旧石器時代

かつて日本列島には旧石器時代の文化は存在しないと考えられていた。しかし、1946年に相沢忠洋が関東ローム層から石器を発見し, 1949年に学術調査して群馬県岩宿遺跡が確認されて以降、旧石器の発見があいついだ。 旧石器時代の人びとは、狩りと植物性食料を採取する生活を送っていた。狩りはナイフ形石器や突頭器などを棒の先端につけた石棺を用いた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする