【高校日本史】飛鳥時代まとめ・問題演習

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】飛鳥時代について記述しています。

飛鳥時代

5世紀から6世紀にかけての時期には、大伴金村が対朝鮮政策の失敗をとがめられて失脚した後、しだいに物部氏と蘇我氏が対立するようになった。

  • 592年…蘇我馬子は男の崇峻天皇を暗殺し、姪の推古天皇を即位させた。
  • 645年…蘇我氏が政治において強硬手段を多用したことは、645年の乙巳の変で蘇我蝦夷・入鹿父子が滅ぼされる一因となった。 聖徳太子の時代には、5世紀以来とだえていた中国との交渉が隋使の派遣により再開された。小野妹子は「日出る処の天子」からの国書を持参し、後(日本) は中国皇帝と対等の関係を築こうとした。
スポンサーリンク

推古朝

推古朝で摂政であった聖徳太子の時代には、豪族を官僚として編成するために冠位十二階の制や、官僚としての心構えなどを説いた憲法十七条が制定された。聖徳太子は、「篤く三宝を敬え」と説いた。聖徳太子は経典の注釈書である『三経義疏』を著したと伝えられている。天皇の系譜や伝承などを記した『天皇記』や『国記』が、聖徳太子、蘇我馬子によってまとめられた。 遣唐使や遣隋使に随行した留学生・留学僧の中には、高向玄理がいる。

6・7世紀ごろには、百済滅亡前後に日本へ渡来した王族・貴族の影響もあって、漢詩文の制作がさかんになった。 大和政権は、新羅にほろぼされた百済に援軍を派遣したが、白村江で唐・新羅の連合軍に敗れた。高句麗僧の雲徴によって、紙・墨・絵の具の製法が日本に伝えられた。

推古天皇と外交

中国では、581年におこった隋が、589年に南朝の陳を滅ぼし、統一して大帝 国となり、高句麗に遠征するなど、周辺にも大きな影響を与えた。推占朝では、はじめ「任那」復興の問題で新羅攻撃を計画していたが、これを中止し、隋の統一による東アジア情勢の変化にともない、倭の五王以来途絶えて冊封関係がなかった中国との国交を開き、中国文化の摂取をめざした。

  • 冊封…皇帝が官位を授けること

飛鳥文化

飛鳥文化の仏像の様式には、中国南北朝時代の影響が認められる。例として法隆寺の釈迦三尊像がある。飛鳥時代には、法隆寺金堂釈迦三尊像の作者と伝えられる鞍作鳥(止利仏師)などの仏師が活躍した。

中宮寺の『天寿国編帳』は、聖徳太子の死後に作られた刺繍で、太子が往生した天寿国のありさまを描いたものとされる。7世紀の東日本では、集落の支配者である豪族は平地式の住居に居住していた。

飛鳥時代 問題演習

推古天皇の時代におこなわれた遣隋使の派遣は、5世紀の倭王武による宋への使節派遣以来、約120年ぶりのことだが、隋への使節派遣の背景について、「倭の五王」の時代との違いを含め、以下の国名(王朝名)を用いて80字以内で説明しなさい。
王朝名:(隋)(高句麗)(百済)(新羅)

解答

隋帝国の統一により、高句麗・百済、続いて新羅が使節を派遣して朝貢し、冊封を受けた。これにより情を中心とする国際秩序が形成されたが、日本は冊封を受けなかった。

日本史 あわせて確認

以上が、【日本史】飛鳥時代となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク