▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】織田信長の政策の要点ポイント

【高校日本史】織田信長の政策の要点ポイントです。

スポンサーリンク

織田信長の政策

織田信長は、室町幕府の将軍足利義昭を擁して上洛し、やがて村軍を追放したが、足利氏に代わって征夷大将軍になることはなかった。地方に下向した人々のなかには、朝倉氏や織田氏を頼った足利義昭のように、政治的な理由などから畿内を逃れた者も少なくなかった。

■ 織田信長の戦

  • 桶狭間の戦い…今川義元を破った。
  • 長篠の戦い…武田勝頼を破った長篠の戦いは、鉄砲が初めて集団使用されたことで画期的な戦いである。
  • 法華一揆…1571年に比叡山を焼き打ちし、法華一揆を弾圧した。

南蛮貿易

ポルトガルの対外進出にかかわったイエズス会は,交易をおこなう条件として、大名に対しその領内での布教を求めた。大村純忠や大友義鎮らはみずから入信し、長崎や白杵は南蛮船の往来でにぎわいをみせた。輸入品の鉄砲・火薬は戦国大名には必需品であり、それらは戦術に変化をもたらして、築城法にも影響をあたえた。

城下町

伊勢長島を中心とする地域では一向一族が織田信長軍に対して蜂起したが、激戦の末に1574年に鎮圧された。織田信長は各地の一向一揆を討ち滅ぼし、その本山である石山本願寺を屈服させた。堺を屈服させた織田信長は、安土に城を築いた。関所を撤廃し、城下町の商業活動が円滑にいくようにした。

楽市令

関所の廃止や撰銭令などとともに、商工業者に自由な営業活動を認めるために信長が命じた市場に関する法令

コメント

テキストのコピーはできません。