【高校英文法】otherとanoterの用法

シェアする

スポンサーリンク

【高校英文法】otherとanoterの用法についてまとめています。

other「(不特定の)他の~」

主に(other+名詞〉の形で用いられる。

  • I’m busy now. Please come some other time. (今は忙しいのです。いつか他の時に来て下さい)

何の「他」かをはっきり示す時は than ~をつける。

  • I’d like to try on other shoes than those.
    = I’d like to try on shoes other than those. (それより他の靴をはいてみたいのですが)
スポンサーリンク

others「(不特定の)他のもの,他人(複数)」

others の形では代名詞としてのみ用いられる。 単独で用いる場合は「他人」の意味。

  • I wonder what others will say.(他人は何と言うだろうか)

the other「残りの1つ, 残り全部の~」

代名詞としての用法では,2つのうち残りの1つを表す。形容詞で用いる場合は,「残り全部の~」という意味を表す。

  • I took one, and gave the other apples to my little sister. (私は1つを自分がとり,あとのリンゴを妹にやった)

the others「残り全部のもの(複数)」

この形では代名詞としての用法のみ。

another「別のもの),もう1つの(もの)(単数)」

  • another = an + other で, anとotherの意味と働きを兼ね備えている。つまり、「不特定の他の1つ(の)」を表す。形容詞の用法では単数

「残りのうちの不特定の1つ」

  • She had five cats. One was white, another was black, and the others were black and white.(彼女には猫が5匹いた。1匹は白, もう1匹は黒, 他は白黒ブチだった)

「もうあと~」

  • You need another ten dollars to buy that camera.(あのカメラを買うにはもう10ドル必要です)

注意another は an を含んでいるため、所有格と並べて用いることはできない。したがって所有格と同時に用いるには次のようにする。another song of his(彼のもう1つの歌)

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る