▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校世界史】国際連合の要点ポイント

【高校世界史】国際連合の要点ポイントです。

スポンサーリンク

国際連合の概要

国際連合のしくみ図

  • 加盟国…第二次世界大戦の戦勝国を中心とする51か国。
  • 旧枢軸国の復帰…1950年代にオーストリアやハンガリー、日本などが加盟し、82か国となる。また、インドネシアやマレーシア、ラオスなど、アジア・アフリカの加盟が広がり始める。
  • 1960年代…アフリカ諸国の独立によって大幅に増え、126か国となる。
  • 冷戦中期~現在…1973年には東西ドイツの同時加盟。 990年代にソ連解体、ユーゴ分裂、南北朝鮮の加盟などで189か国2013年現在、加盟国数は、193カ国

非加盟国・地域

バチカン市国、パレスチナ自治政府、台湾、コソボ共和国などがある。バチカン市国やパレスチナ自治政府は国連総会に投票権をもたない が、オブザーバーとして参加している。

旧敵国条項

第二次世界大戦中に連合国の敵国であった国は例外規定が設けられ、場合によっては安全保障理事会の許可が無くとも軍事的制裁を加えてよいとする条項が設けられた。

  • 該当国…国名で名指しされてはいないが、日本、ドイツ、イタリアなど7か国が「敵国」とされるという見解が採られた。
  • 削除への動き…1995年、日本・ドイツが共同で敵国条項削除案を国連総会に提出。賛成多数で採択されたが、批准はまだ必要数に達しておらず、削除決議案は未発効のままとなっている。

財政の問題

国連の財政は加盟各国の分担金によってまかなわれている。分担金の割合は各国ごとに異なり、アメリカが1位で日本が2位であるが、アメリカは滞納している。また、中国の分担金は経済規模の割に少ない。

安保理の構成

安保理の常任理事国と非常任理事国を増やすよう求める声が上がっているが、実現していない。日本・ドイツ・ブラジル・インドなどが常任 理事国入りを目指している。

コメント

テキストのコピーはできません。