▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校世界史】国際連盟の要点ポイント

【高校世界史】国際連盟の要点ポイントです。

スポンサーリンク

国際連盟の成立

国際連盟の組織(総会、理事会、事務局、常設国際司法裁判所、国際労働機関(ILO)など。)
国際連盟の組織図

  • 平和機構…ドイツのカントは『永久平和のために』の中で、国際平和機構の設立の必要性を主張した。
  • 十四か条の平和原則…第一次世界大戦末期の1918年、アメリカのウィルソン大統領は、秘密外交の禁止、海洋の自由、軍備の制限、各国の政治的独立と領土保全を保持するための国際機関の設立など、14か条からなる平和原則を示し、国際平和機構の設立を呼びかけた。
  • 国際連盟の発足…1919年のパリ講和会議ベルサイユ条約が結ばれ、ウィルソンの十四か条の平和原則に基づく平和機構の設立が決定された。翌1920年に、ジュネーブに本部を置き、原加盟42か国からなる国際連盟が発足。

国際連盟の欠陥

  • 大国の不参加・脱退…アメリカは議会の反対で参加せず、1930年代に日本、ドイツ、イタリアと次々に脱退。ソ連が1934年に加盟したが1939年に除名されるなど、メンバーの不参加・離脱によりほとんど機能しなかった。
  • 議決方法…国際連盟の最高意思決定機関は総会であり、全会一致制に基づいていたため、制裁など有効な措置をとることが困難であった。
  • 制裁手段…法的拘束力のない勧告にとどまり、経済制裁だけに限られた。軍事制裁ができず、抑止力に乏しかった。

コメント

テキストのコピーはできません。