センター対策日本史|律令制度(大宝律令)の一問一答

シェアする

スポンサーリンク

センター対策日本史|律令制度(大宝律令)の一問一答です。
復習【高校日本史】律令制度(大宝律令)まとめ・問題演習

律令制度(大宝律令)の一問一答

次の問いに答えなさい。

  1. 701年、律6巻・令11巻が完成し、律令政治の仕組みもほぼ整った。この律令を何というか。
  2. 大宝律令の律令の編纂に際し、中心となった人物を2人あげよ。
  3. 律令により運営される国家を何というか。
  4. 718年に成立し、757年に施行された律令を何というか。
  5. 養老律令の律令を作成した人物と施行した人物は誰か。
  6. 律令制度の中央官制の組織を官庁の数でまとめて何というか。
  7. 二官とは神武祭祀を司る言と、一般行政の最高機関である言を指すが、それぞれの名称をあげよ。
  8. 太政官のもとで、政務を分掌した中央行政官庁を総称して何というか。
  9. 官史の不正を監視する機関を何というか。
  10. 京内・宮中のこをおもな職務とした役所を何というか。
  11. 太政大臣・左大臣・右大臣・内大臣と大納言・中納言・参議・三位以上の者をあわせて何というか。
  12. 一般に五位以上の位階をもつ者を何というか。
  13. 朝廷が置かれた京周辺の国々を何というか。
  14. 畿内以外の行政区を総称して何というか。
  15. 畿内・七道の行政区は、さらに細分化された。広い順に3つの行政区をあげよ。
  16. 国内の統治行政のために中央から派遣された地方官を何というか。
  17. 律令制下の諸国の役所またはその所在地を何というか。
スポンサーリンク

解答

  1. 大宝律令
  2. 刑部親王、藤原不比等
  3. 律令国家
  4. 養老律令
  5. 作成:藤原不比等、施行:藤原仲麻呂
  6. 二官八省一台五衛府
  7. 神祇官、太政官
  8. 八省
  9. 弾正台
  10. 五衛府
  11. 公卿
  12. 貴族
  13. 畿内
  14. 七道
  15. 国・郡・里
  16. 国司
  17. 国府

解説

1.律は刑法であり、令は行政組織や官吏の勤務規定、人民の租税や労役の規定などである。
2.大宝律令完成のときの天皇は文武天皇である。
3.日本の場合は、天皇中心の中央集権的官僚制の国家体制であった。
5.養老令は官撰注釈書「令義解』と私撰注釈書『令集解』に大部分が、養老律は一部が伝存する。内容的には大宝律令と大差はない。
7.太政官では、最高官職ではあるが財閥の官である太政大臣、政務を総括した左大臣、右大臣、外記などから構成されていて、公卿会議で審議し、天皇の裁可を得て、の実務を八省に分担させた。
10.国衛門府・左衛士府・右衛士府・左兵衛府・右兵衛府を五衛府という。

その他の時代

以上が、センター対策日本史|律令制度(大宝律令)の一問一答となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る