【高校世界史】ローマ共和政

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】ローマ共和政をまとめています。民会を最高機関とするギリシアの民主政に対し、ローマの共和政は貴族が構成する元老院の存在を特徴としている。

ローマ共和政

  • ラテン人…前2世紀ころイタリア半島に南下定着したイタリア人のうち、のちに半島中部に定住しティベル河畔に都市国家ローマを建設した一派。
  • エトルリア人…ローマは服属していた先住民族の王を前6世紀に追放して共和政を始めるが,その民族。
  • パトリキ(貴族)…ローマにおいて大土地所有者で,政治的にも要職を独占していた人びと。
  • レブス(平民)…パトリキ(貴族)に対して,参政権がない中小農民。
    元老院…国政の中心で,貴族出身の終身議員からなる共和政ローマの重要機関。
  • コンスル(執政官・統領)…2名選ばれ,任期1年で無給, 行政・軍事を担当する共和政ローマの最高官。
  • ティクタトル(独裁官)…非常事態には,そのうちの1名が任期半年で独裁権を行使したが、その官職。はじめ貴族が軍事的に平民を圧倒していたが,平民が重装歩兵として活躍し、 貴族も平民の協力なしには国防が不可能になったため, じょじょに平民の権利が拡大されていった。
  • 平民会…前5世紀に設置された,平民だけからなる民会。
  • 護民官…平民会によって選出され,元老院に対しても拒否権を持つ,平民保護のための官職。
  • 十二表法…従来の慣習が明文化され,前5世紀なかばに成立したローマ最古の法。
  • リキニウンクスティウス法…公有地の占有を制限し, コンスルの1人は平民から選ぶことなどを制定した, 前367年の法。
スポンサーリンク

ホルテンシウス法

平民会の決議が元老院の承認なしに法となることを制定した, 前287年の法。十二表法では貴族と平民の通婚は禁止されるなど身分的差別があったが、こ の法によって貴族と平民は法的に平等となった。しかし経済的不平等は残り、元老院は依然, 権威を保っていた。

まとめ

前6世紀末に共和政となったローマでは、前3世紀末の ホルテンシウス法によって貴族と平民の法的平等を達成。ポエニ戦争に勝利した後、急成長をとげて地中海世界帝国を実現。2度の三頭政治を経た後、紀元前27年、帝政が始まり、五賢帝の時代に最大版図を誇った。ディオクレティアヌス帝の即位で軍人皇帝時代に終止符が打たれ、専制君主制に。コンスタンティヌス帝はキリスト教を公認し、テオドシウス帝は国教化して帝国の分裂阻止を試みるが、395年、東西に分裂。西ローマ帝国は476 年に滅亡する。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク