大学受験「小論文とは何か」作文との違いとは?

シェアする

スポンサーリンク

大学受験「小論文とは何か」作文との違いとは?について記述しています。

小論文

小論文とは 「論」という漢字は、筋道立てて述べた末の意見という意味を持つ。つまり、論文とは意見を説明する文章のことをいうが、字数が少ない場合、特にそれを小論文というのである。いいかえれば、小論文とは意見作文のことを指す。

スポンサーリンク

入試での小論文

入試小論文では、設問に対する意見を述べることがポイントである。すなわち、小論文では意見を盛り込まなければならないのであるが、入試小論文では必ず何らかの設問が課されるので、その設問に対する回答を意見として示すのである。

たとえば「○○について論じなさい。」と設問で問われたのなら、○○というテーマについて、何かしらの意見を述べなければならないのである。いくらうまくまとめた小論文でも、きちんと設問に答えていないものは高評価は望めない。

高得点をとるコツ

自分の意見が正しいといえる理由を説明する。しかし、設問に対する意見だけを述べればよいというものではない。なぜなら、単に音見を示すだけでは、読み手に言いたいこと(=意見)自体は伝わるものの各目の正しさや意図まではわかってもらえないからである。
そのため、自分の意見が正しいといえる理田を筋道立てて説明することがどうしても欠かせない。小論文には、「意見」と「理由説明」の2つが不可欠です、以上のことから、小論文の答案に盛り込まなければならないものは あることがわかる。

  • 設問に対する(自分の意見)
  • 自分の意見の正しさを立証するための理由説明

この2点は意識しておきたい。

作文と小論文の違い

作文とは文字通り、人によって「作られた「文」章のことである。だから,感想文や随筆(エッセイ)はもちろんのこと、日記やメールの文章も、そして小論文も作文である。すなわち、小論 文は意見を述べなければならないという条件がついた作文のことなのである。

まとめ

  1. 小論文とは、意見を説明するための小規模な文章のことである。
  2. 入試小論文の答案に必要なものは、「設問に対する意見」と「その正しさを記明する理由説明」の2点である。

以上が、大学受験「小論文とは何か」作文との違いとは?になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする