大学受験・小論文「統計・データの読み取り方」

シェアする

スポンサーリンク

大学受験・小論文「統計・データの読み取り方」について記述しています。

統計・データの読み取り方

読取問題は、あくまでもデータが読み取れているかどうかを試すものである。したがって、回答に自分の意見を一切含めないで、データの内容に沿って忠実に答える必要がある。その時、データ内で用いられているキーワードや語句、数値を使うことを基本にして答えたい。

スポンサーリンク

読取問題の2つの出題形式

読取問題には、説明タイプと解釈タイプの2種類がある。

説明タイプ

説明タイプは、データ全体の傾向についての説明を求めるものである。図表などで示されるデータの概要を、文字に表す作業だと考えてもよい。具体的には「この図から読み取れる傾向を○○字以内で説明せよ」などという形で問われるのが一般的である。

解釈タイプ

解釈タイプは,データ全体の傾向をつかんだうえで、そのような傾向になった原因や背景まで考察させるものである。具体的には、「データが示す傾向について、その要因や背景を説明せよ」という形で問われる。

説明タイプの読取問題への取り組み方

データの傾向を説明するときは、押さえるべきポイントを見逃さないようにしとければならない。説明タイプではポイントごとに配点し、満たして、れば加点するという採点方法が一般的である。データのポイントを見逃して説明しようとすると、ピント外れの説明に終始することになるので、いかにデータを正しく捉える視点をもって回答を作成するかが、説明タイプを解く時のポイントとなる。

説明タイプの読取問題の手順

説明タイプを上手に解くためには、次の3つのステップを踏んでいく必要がある。

  1. 統計を取った人の意図をつかんで理解する。
  2. 全体の傾向を正しく捉える。
  3. 「意図」と「傾向」を押さえて、簡潔にまとめる。

どのような設問があるかをあらかじめ把握してから、データを詳しく見るのがよい。そして、説明をする時の材料を探りながら、回答を作成するという手順を踏む。課題文を読んでから設問を読む方法を取ると、再び課題文を読み直す必要が出てくるといった手間が発生する。試験には制限時間があるので、余計な時間を使うと 回答作成の時間が十分に取れない可能性がある。そのため、あらかじめ設問の内容を把握してから課題文を読んでほしいのである。効率よく回答を作成するための工夫でもある。

グラフや統計資料からわかることを書く

このとき、次のような書き方をすれば、失敗することなく要約ができます。

  1. 資料から読み取れること1つめ。
  2. 資料から読み取れること2つめ。
  3. 資料から読み取れること3つめ。

以上を資料(グラフなど)から読み取ることができる。

このように書き出すと、書き出しが非常にスムーズになるのではないでしょうか。まずは、資料(グラフや図)からわかることを列挙し、それからゆっくりと、自分の意見を論じていけばいいのです。

まとめ

  • 読取問題の回答には,自分の意見を一切入れないこと。
  • 読取問題には、「説明タイプ」「解釈タイプ」の2種類がある。
  • 説明タイプは、図表で示されるデータ全体の傾向を説明するもので、 回答のためには次の3ステップを踏むのがよい。

手順

  1. 統計を取った人の意図をつかんで理解する。
  2. 全体の傾向を正しく捉える。
  3. 「意図」と「傾向」を押さえて,簡潔にまとめる。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

フォローする