大学入試小論文の書き方の要点まとめ

シェアする

スポンサーリンク

大学受験「小論文の要点」です。

小論文の段落構成の仕方

段落構成は、ある程度、自分なりの「型」をもっていることが大事です。たとえば「起承転結型」「序論・本論・結論型」などがある。小論文では、大きく、双括型・頭括型・尾括型という3つの型である。これらは、小論文に必要な要素である意見と理由説明があれば組み立てることができる。出題形式やテーマ、制限字数によって使い分けるとよい。

スポンサーリンク

頭括型

はじめに意見を述べ、そのあと理由説明で締めくくる型である。字数が200文字や要約型などに使う場合がある。

  1. 最初の段落 = 意見
  2. 最後の段落 = 理由説明

尾括型

はじめに理由説明を述べ、そのあと意見で締めくくる型である。

  1. 最初の段落 = 理由説明
  2. 最後の段落 = 意見

頭括型と尾括型はどちらも、双括型のように2箇所で意見を示す必要がなし 制限字数が少ない時(目安として200字~300以下の論述)に用いるということになるでしょう。

双括型

論述の最初と最後の2箇所で意見を示す型である。一般的に3段落で書くとよいが、段落数によって字数調整がしやすいので、制限字数が標準的なものから多いもの(目安として400字 以上の論述)まで活用できる。

  1. 最初の段落 = 意見
  2. 途中の段落 = 理由説明
  3. 最後の段落 = 意見

おすすめは、この型です。意見を最初と最後にはさんでいるので、サンドイッチ型と名付けます。

使い方

  1. 初めの意見の提示…論述の趣旨を採点者に的確に伝えるため、意見を冒頭で述べる。ここを読むだけで論述の概要がつかめるように示すのがコツ。
  2. 理由説明…第一段落で意見をまとめた後、その理由を説明する。意見を理解したうえでこの部分を読むことになるので、論述の流れを比較的楽に追ってもらうことができる。
  3. あとの意見の提示…最後に、再度意見をまとめる。途中に複数の段落を置いても、最後の段落で改めて意見をまとめるので文章の流れが散漫にならないという利点がある。

字数が800字以上になるときは、以下のように5段落にするというやり方がある。

  1. 主張:自分の主張や答えを明示
  2. 理由:主張や答え根拠をしめす
  3. 具体例:字数や内容によってはなくてもいい場合も
  4. 反駁:他の意見に反対し論じる
  5. 主張:必ず1と一致させる

小論文を書くための手順

よい小論文を書くためには十分な準備が必要があるが、試験時間は限られている。ですので、効率的に答案を作成しなければならない。そのためには書く手順をパターン化し、常に同じ手順に従って書けるようにしておくことが必要である。手順の基本は「読む→考える→書く」である。

1.設問を読む

小論文では、設問に対する意見を述べなければならない。そのためにはまず、設問をしっかりと読んで正しく理解することが大切である。また字数制限など、回答を作るうえで必要な条件も示されているので、チェックしておくこと。

2.書くべきことを考える

設問を把握したら、答案に書くべきことを考える。まずは、設問に対する意見や理由を整理する。そして、それらが採点者に伝わるように文章の構成を工夫する。つまり、どのような段落構成にするのかを検討するのである

3.答案用紙に実際に書く

書くべきことが決まったら、答案用紙に実際に書く。内容の良し悪しはもちろんだが、表現や表記にも気を配ってほしい。具体的には、原稿用紙の使い方や小論文特有のきまりごとを守ったり、誤りやすい表現・表記に注意したりすることである。最後に推敲(見直し)をして、小論文の完成となる。

4.全部大事

「見た目よりも中身が大事」という考えは捨てた方がいい。採点者はあなたの表現や表記方法をチェックし、適切に日本語が使えているかどうかを見ている。志望校によっては、その良し悪しが減点の対象となることもある。一方、不適切な表現や表記は採点者の第一印象を損ねる原因にもなる。その悪印象は採点終了まで残り、いくら内容がよくても評価が低くなることも考えられる。「見た目よりも中身が大事」とか「採点者は見た目が悪くても中身を見て(私のことを理解してくれる」という考えは捨て、「見た目も中身も大事」と理解し直しておいてほしい。

字数配分と字数調整

書く内容が整理できたら、実際に原稿用紙に書き込むことになります。その時に肝心なことは、あらかじめ段落をいくつにするかを決め、それぞれの段落に割り振る学数配分を考えながら書くことだ。そうすることによって、どの段落で字数を増やすべきか、あるいは減らすべきかを考え、調整しながら書き進めることができる。すべてを書いてしまったあとで字数調整をするのは難しいことが多く、場合によっては論旨が変わったり、不自然な文章になったりすることがあります。

字数を調整するための順序

  1. 段落に割り振る字数配分をあらかじめ考える。 (制限字数と段落数をもとにして、一段落あたりに割り振る目標字数を決める)
  2. 構想メモや段落構成メモを活用して、おおまかな字数を把握する。 (段落構成メモに書いた意見および理由の字数をざっと数える。どの段落で、どれくらいの字数調整が必要かを把握する。)
  3. 原稿用紙に書いていきながら字数調整をする。

つねに学数を意識しながら字数を調整していくということを求めているのだ。制限時間が限られている入試小論文においては、こうした意識は大きな意味を持っている。

字数配分をあらかじめ考える

答案を実際に原稿用紙に書く時、いきなり書くのは無謀である。まず初めにしなければならないことは、段落をいくつにするかということを決め、それぞれのに割り振る程度の配分にしておくことが大切である。

制限字数と段落数のめやす

  • 400字以内…2段落構成(意見+理由說明)
  • 800字まで…3~4段落構成(意見+理由說明+意見、意見+理由説明1+理由説明2+意見)
  • 1200字まで…4段落構成(意見+理由説明1+理由説明2 意見)

段落ごとに字数を把握する

段落構成メモに書いた内容の字数を基準に、どの段落で字数を増やすべきか、あるいは減らすべきかを検討し、全体として制限字数に近づくように調整することである。

書きながら字数調整

実際に原稿用紙に書き込んでいく作業である。その作業の中では、字数が必要となる場面が必ずと言っていいくらい出てくる。つまり、予定した割り当て字数より、足りないか、オーバーしてしまうかのいずれかとなるのが普通のだ。だから、それらを調整してきちんと制限字数内におさめるための具体的な方法やコツを身につけておくことが欠かせない。

字数が足りない場合

字数が足りない場合は、「つまり」「すなわち」といった同意を表す接続詞を活用するとよい。これらの接続詞で結ばれた前後の文章は、同じ意味である。そこで、該当する段落の中から説明が不足している部分(文章) を探し「つまり」などでつなげて、さらに詳しい説明を述べればよいのである。この場合、同意の接続詞自体は省略しても意味が通じる場合が多いので、煩わしいと思ったら外してもかまわない。

また、具体例を入れて字数を稼ぐ方法もある。それでも、どうしても字数が不足する場合の対処法として「具体例を入れる」というテクニックがあります。例えば以下のような場合です。

「若年者の喫煙は、身体にさまざまな悪影響をもたらします。がんの発症率が増加したり、喘息などの呼吸器系の疾患も増加します。妊婦の喫煙も胎児には極めて有害で、流産や奇形児として生まれる確率も高くなります。…」

「さまざまな悪影響」の部分に具体例を書き加えて、字数を稼ぐといった方法です。無理やり入れた感が薄いので、自然に文章を読み進められると思います。

字数がオーバーする場合

字数がオーバーしてしまう場合は、別の表現を用いて文章を圧縮する(短くする)とよい。その時に気をつけなければいけないのは、圧縮しすぎて論理の道筋を飛ばさないようにすることである。ある文章を丸々削ってしまうと、話の筋が分からなくなったり、せっかくの説明がなくなったりしてしまうことが起こるので、削ってしまう前によく読み直して、十分に確かめておく必要がある。

小論文の主張・意見の書き方

あらかじめ構想することが大切です。問題・設問に合える形で意見と理由を考える時、あらかじめ書く内容を確態ことが大事です。構想することによって、論じる内容をより説得力のあるものにし、無駄のない骨太の文章に仕上げることができる。さらにそうすることで、論理の流れがあらぬ方向に進んだり、論理が破綻したり、あるいは、いつの間にか設問からかけ離れた意見を示したりすることを防ぐ役割もある。

意見と理由を構想する順序

意見と理由を構想する時には、次の3つのステップを踏んでいくとよい。そうすることで、論理に乱れのない望ましい文章の骨格ができる。

  1. 考えるための材料集めをする
  2. 集めた材料をもとに理由と意見を考える
  3. 適切な段落構成を考える(参考大学受験「小論文の段落構成の仕方」サンドイッチ型がおすすめ)

書くための材料集めたうえで意見と理由を考え、それらをもとに段落構成を考えるという手順を踏むと、失敗を犯しにくい。

考えるための材料集め

ここでいう材料集めは、設問中にあるキーワードに関係した言葉を集めることである。理由を適切に考えるためには、設問に関する事実関係を性確に理解しておく必要がある。

材料集めの方法

事実関係を集めるとき、メモをとる。メモは走り書きでも、箇条書きでも構わない。 この作業を行う時のポイントは、「○○は、口口である。」というように、助詞の 「は」などを用いて、キーワードの特徴や定義をまとめることである。「は」に近い役割を持つ助詞はほかにも「○○とは…。」「○○には…。」「○○ならば…。」とある。

これらの助詞は、助詞に続く部分で、特徴や定義などの主語に関する詳しい内容を説明する役割を果たしている。つまり、キーワードについての特徴や定義を整理するには、都合のよい助詞ということになる。

整理しながらまとめる

材料集めでは、ある程度材料の内容によって分類しながらまとめていくと、そのあとの思考がしやすくなる。

<分類の例>

  • 利点と欠点(問題点)
  • 複数の立場からの視点
  • 過去・現在・未来で整理

この作業を行うと、中立性を保った答案作成を行うことができる。いくら事実であっても、偏りのある事実だけで構成したのでは、論述内容の公平性や信頼性を欠くことにつながる。論述内容は、あくまでも中立を保つ姿勢を示すことが必要となる。

字数制限

制限字数の9割を満たすことが大事になってきます。入試小論文の問題には、例えば「○字以内で」のような制限字数が設けられているが、それは必ず満たすこと。制限字数ピッタリでなくてもよいが、最低限心がけることとして、制限字数の9割以上は満たすこと。また、「○文字以上○文字以内」のような場合は、その範囲内なら問題ないが、できれば制限字数ぎりぎりまで書くように心がける。

超えてはいけない

また、制限字数は1文字でも超えてはいけない。超えた場合は採点対象外になる場合もあるので、注意すること。極端な例ではあるが、制限字数の最後のマス(例えば800字以内という条件で、800字目のマス)に、文字と句読点を一緒に入れで800字以内に納めたと思っているケースがあった時、字数オーバーと判断されることも考えられるので避けた方がよい。

「〇〇字以上~〇〇字以内」の場合

できれば制限字数ぎりぎりまで書くように心がける。

  • 範囲から超えないように書く
  • 範囲の上限に近づくように努力

「〇〇字以内」の場合

最低限心がけることとして、制限字数の9割以上は満たすこと。どうしても、字数が届かない場合は、具体例を入れて字数を稼ぐことも視野にいれる。

  • 字数制限の80%は書く
  • 字数制限を超えたら失格または減点

「〇〇字程度」の場合

「〇〇字程度」のプラスマイナス10%に文章が収まるように書きましょう。「1000字程度」の場合だと、多くても1100字、少なくても900字くらいに収まるように書くのがルールです。

  • プラスマイナス10%
  • 多すぎても少なすぎても減点の対象

やってはいけないこと

字数が足りないときに、受験生がよくやることとして、最後の結論部分をズルズルと引き伸ばすことがありますが、これは絶対に避けた方がいい方法です。今までせっかく論理を展開してきたのに、最後の結論部分で何を言いたいのかわからなくなってしまっては、今までの努力が水の泡です。

論述問題の解き方

論述問題に対する取り組み方として、課題文型小論文における論述問題は、テーマ型小論文との違いがあり、それは、課題文を踏まえなければならないところである。設問に「課題文を読んで」と明示してある以上、採点基準には「課題文を踏まえているかどうか」という項目があると考えておくべきだろう。課題文の無視や軽視は、課題文型小論文では絶対にしてはいけないことだ。

そうならないためには、小論文を書くための手順の中の設問を読 むに取り組む時に事前の準備が大事です。
参考大学受験「小論文を書く手順」とりあえずではダメ!

論述問題で「設問を読む」時の事前準備

課題文を踏まえた論述を行うためには、設問を読む時に次の3つのステップを踏んでいくとよい。
う。

  1. 課題文を読み、設問中のキーワードに関する内容をまとめる。
  2. まとめた内容に対して、賛成・反対など、自分の立場を決める。
  3. その立場を、設問に対する意見や理由の考察に活用する。

設問中のキーワードに関する内容をまとめる

まずは、設問中に示されているキーワードをおさえたい。そもそも課題文は、設問を解くために用意されているのだから、そのキーワードに関して、課題文では、何らかのメッセージを発しているはずである。ゆえに、その内容をまとめていくつもりで読み下せばよい。つまり、キーワードを手がかりに課題文を読み、その内応をまとめるということであるが、ここが要約問題の時の読み方と異なるところである。まとめる時は、以下のようなことを中心にして内容を整理するとよい。

  • キーワードの定義、特徴、事実関係(事実)
  • キーワードに対する筆者の主張(意見)
  • 筆者の主張に対する理由や背景(理由説明)

キーワードがあいまいな場合

時にはキーワードに関して直接的に述べていない場合もある。そんな時は、課題文の内容をもとにして、どう捉えればよいのかをまとめればよい。

課題文の種類によって示されるものが異なる

課題文の種類によって、先述のキーワードの3点が揃っていないこともあるので注意したい。 たとえば、新聞記事などではキーワードの定義や特徴、事実関係を示すだけで終わるものが多い。一方、エッセイ(随筆)には筆者の主張や気持ちだけが示されその根拠が示されなかったり、根拠があっても感情的なものだったりすることがある。それは、事実を伝えるという役目を担う新聞、思ったことを書き連ねた文章であるエッセイといった、それぞれの文章の特性によるものである。そのような場合は、おさえられるものだけをしっかりと捉えればよい。

小論文とは

小論文とは 「論」という漢字は、筋道立てて述べた末の意見という意味を持つ。つまり、論文とは意見を説明する文章のことをいうが、字数が少ない場合、特にそれを小論文というのである。いいかえれば、小論文とは意見作文のことを指す。

入試での小論文

入試小論文では、設問に対する意見を述べることがポイントである。すなわち、小論文では意見を盛り込まなければならないのであるが、入試小論文では必ず何らかの設問が課されるので、その設問に対する回答を意見として示すのである。

たとえば「○○について論じなさい。」と設問で問われたのなら、○○というテーマについて、何かしらの意見を述べなければならないのである。いくらうまくまとめた小論文でも、きちんと設問に答えていないものは高評価は望めない。

高得点をとるコツ

自分の意見が正しいといえる理由を説明する。しかし、設問に対する意見だけを述べればよいというものではない。なぜなら、単に音見を示すだけでは、読み手に言いたいこと(=意見)自体は伝わるものの各目の正しさや意図まではわかってもらえないからである。
そのため、自分の意見が正しいといえる理田を筋道立てて説明することがどうしても欠かせない。小論文には、「意見」と「理由説明」の2つが不可欠です、以上のことから、小論文の答案に盛り込まなければならないものは あることがわかる。

  • 設問に対する(自分の意見)
  • 自分の意見の正しさを立証するための理由説明

この2点は意識しておきたい。

作文と小論文の違い

作文とは文字通り、人によって「作られた「文」章のことである。だから,感想文や随筆(エッセイ)はもちろんのこと、日記やメールの文章も、そして小論文も作文である。すなわち、小論 文は意見を述べなければならないという条件がついた作文のことなのである。

まとめ

  • 「書くべきことを考える」→「表現・表記に注意しながら書く」という手順に従って答案を作成する。
  • 「とりあえず答案を書き始めよう」「書きながら考えよう」はダメ。内容をしっかり考えてから答案を作成することが大事である。
  • 字数配分をあらかじめ考えてから、書き始める。
  • 構想メモに書いた内容をもとに、おおまかに字数を把握する。
  • 字数の増やし方や減らし方をマスターし、原稿用紙に書きながら字数調整をする。
  • キーワードに関する事実(情報)を集め、メモしておく。
  • 集めた材料をもとに,理由と意見を考える
  • 材料をもとに,意見が出るまで推論を行う。
  • 推論の過程をもとに,理由説明の内容をまとめる。
  • 適切な段落構成を考える。
  • 制限字数をもとに、双括型・頭括型・尾括型のいずれの形式がよいか。検討する。
  • 小論文とは、意見を説明するための小規模な文章のことである。
  • 入試小論文の答案に必要なものは、「設問に対する意見」と「その正しさを記明する理由説明」の2点である。
  • キーワードを手がかりに課題文をしっかり読み、内容をまとめる。
  • 課題文に対する賛否を心の中で決め、自分の立場を明らかにしておく。
  • 心の中で決めた立場を基準に、設問に対する意見と理由を考える。
  • 制限字数の9割を意識する
  • 具体例を入れて字数を稼ぐ
  • 最後の結論部分を無理に伸ばさない
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る