大学受験「小論文の字数制限」制限の9割以上書く!

シェアする

スポンサーリンク

大学受験「小論文の字数制限」制限の9割以上書く!についての記述です。

字数制限

制限字数の9割を満たすことが大事になってきます。入試小論文の問題には、例えば「○字以内で」のような制限字数が設けられているが、それは必ず満たすこと。制限字数ピッタリでなくてもよいが、最低限心がけることとして、制限字数の9割以上は満たすこと。また、「○文字以上○文字以内」のような場合は、その範囲内なら問題ないが、できれば制限字数ぎりぎりまで書くように心がける。

スポンサーリンク

超えてはいけない

また、制限字数は1文字でも超えてはいけない。超えた場合は採点対象外になる場合もあるので、注意すること。極端な例ではあるが、制限字数の最後のマス(例えば800字以内という条件で、800字目のマス)に、文字と句読点を一緒に入れで800字以内に納めたと思っているケースがあった時、字数オーバーと判断されることも考えられるので避けた方がよい。

「〇〇字以上~〇〇字以内」の場合

できれば制限字数ぎりぎりまで書くように心がける。

  • 範囲から超えないように書く
  • 範囲の上限に近づくように努力

「〇〇字以内」の場合

最低限心がけることとして、制限字数の9割以上は満たすこと。どうしても、字数が届かない場合は、具体例を入れて字数を稼ぐことも視野にいれる。

  • 字数制限の80%は書く
  • 字数制限を超えたら失格または減点

「〇〇字程度」の場合

「〇〇字程度」のプラスマイナス10%に文章が収まるように書きましょう。「1000字程度」の場合だと、多くても1100字、少なくても900字くらいに収まるように書くのがルールです。

  • プラスマイナス10%
  • 多すぎても少なすぎても減点の対象

やってはいけないこと

字数が足りないときに、受験生がよくやることとして、最後の結論部分をズルズルと引き伸ばすことがありますが、これは絶対に避けた方がいい方法です。今までせっかく論理を展開してきたのに、最後の結論部分で何を言いたいのかわからなくなってしまっては、今までの努力が水の泡です。

まとめ

  1. 制限字数の9割を意識する
  2. 具体例を入れて字数を稼ぐ
  3. 最後の結論部分を無理に伸ばさない

あわせて確認

以上が、大学受験「小論文の字数制限」制限の9割以上書く!となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする