▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校政経】裁判と人権保障の要点ポイント

【高校政経】裁判と人権保障の要点ポイントです。

スポンサーリンク

裁判と人権保障

  1. 裁判の公開…裁判の対審・判決は、公開の法廷で行うことが原則とされる。公序良俗に反する場合は対審の非公開が認められることがある。しかし、政治犯罪や出版に関する犯罪などは対審の公開が義務づけられている。
  2. 刑事被告人の権利…被告人の人権を守るため、黙秘権、証人審問権、弁護人依頼権、遡及処罰の禁止、一事不再理、刑事補償などの権利を保障。
  3. 再審制度…気罪を防止するため、証拠が虚偽であった場合など、重大な理由がある場合に行う。刑事事件では、被告人の利益になる場合に限られており、有罪判決を受けた者が請求できる。民事事件では不服である者が請求できる。

違法令審査権

違法令審査権は、法律や行政の命令・規則等の内容とその適用が憲法に適合しているかどうかを審査。すべての裁判所で行使されうる。

  • 付随的違憲審査制…アメリカ同様、日本の違憲法令審査は、具体的な訴訟を通じて行われる。具体的事例のない抽象的な違憲審査は行わない。
  • 統治行為論…高度な政治性を有する事件は司法判断を行わないとする見解。自衛隊や在日米軍、衆議院解散の合憲性が争われた事例で認められた。

司法制度改革

裁判の迅速化、欧米の陪審制・参審制のような国民の裁判への参加が検討され、刑事事件で裁判員制度が導入された。

その他、法科大学院(ロースクール)や法テラス(日本司法支援センター)が設置され、2008年からは犯罪被害者や遺族が刑事裁判に参加できる被害者参加制度も導入された。

コメント

テキストのコピーはできません。