▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校政経】裁判所の種類の要点ポイント

【高校政経】裁判所の種類の要点ポイントです。

スポンサーリンク

裁判所の種類

裁判所は、最高裁判所と4種の下級裁判所によって構成され、それぞれ次のような特徴をもつ。

名称設置数特色裁判官数および審理形式
最高裁判所東京に1つ違憲法令審査の終審 裁判所 = 憲法の番人長官と14人の裁判官の計15人 大法廷(全員)、小法廷(3人以上)
下級裁判所高等裁判所8控訴・上告審
内乱罪に関する第一審
合議制(3~5人)
地方裁判所50ふつうの事件の第一審単独裁判、特別の事件は合議制
家庭裁判所50家事審判や調停と少年事件の裁判単独裁判が原則、特別の事件は
合議制
簡易裁判所438少額軽微な事件を裁判単独裁判

裁判官の任命

最高裁判所と下級裁判所では裁判官の任命の方法が異なる。

  • 最高裁判所長官…内閣の指名に基づいて天皇が任命する。
  • 最高裁判所裁判官…内閣が任命。その任命については天皇が認証する。
  • 下級裁判所裁判官…最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣が任命。
    高等裁判所長官の任免については天皇が認証。

裁判の種類

裁判は、次の3つに分けられる。

  • 民事裁判…私人間に生じる利害の衝突や紛争などを扱う。原告の訴えによって開始。訴えられた当事者は被告と呼ばれる。当事者同士が折り合ったり(和解)、裁判官が関与しながら妥協(調停)したりする場合がある。
  • 刑事裁判…窃盗・殺人・放火・詐欺など、刑法に触れる犯罪行為に対して刑罰を要求するもの。検察官が原告となって、被疑者を起訴する。起訴された被疑者を被告人という。
  • 行政裁判…国や地方公共団体の行政によって権利を侵害された国民が国・地方公共団体を裁判所に訴えて行われる裁判。民事裁判の一種として行われる。

罪刑法定主義

いかなる行為が犯罪であるか、それに対していかなる刑罰が科されるかは、事前に法律で定められていなければならない。

三審制

三審制は、同じ事案について3回まで裁判を受けることができる制度。

  • 控訴…第一審の判決を不服として、上級の裁判所に再審査を求める手続き。
  • 上告…第二審の判決の取り消しや変更をさらに上級の裁判所に求める手続き。

コメント

テキストのコピーはできません。