【高校生物】細胞の基本構造

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】細胞の基本構造についてまとめています。

細胞の基本構造

細胞の形と大きさは実にさまざまであるが、多くの細胞の構造を調べるといくつか の共通する構造があることがわかる。細胞は、大きくは核と細胞質に分けられる。

スポンサーリンク

細胞を酢酸カーミンで染色すると赤く染まって見える構造体で、染色質とそれを包む核膜と1~数個の核小体(仁)からなる。染色質は塩基性の色素であるカーミンやオルセインと結合しやすく、細胞分裂時には凝縮して太いひも状の染色体になる。

細胞質

細胞の核以外の部分を細胞質といい、外側は細胞膜で包まれ、内部にはミトコンドリアなどの構造体が見られる。

細胞小器官

細胞内の核をはじめとするミトコンドリアや葉緑体・ゴルジ体・小胞体・リボソームなどの構造体を細胞小器官(オルガネラ)という。

植物細胞と動物細胞

基本的な構造は一部を除いて共通しているが、典型的な植物細胞には、動物細胞には見られない細胞壁と葉緑体などの色素体および発達した液胞が見られる。また、動物細胞には高等植物の細胞では見られない中心体が見られる。

ゴルジ体

植物細胞にも広く存在するが、光学顕微鏡でははっきりと見えないことが多い。

細胞の微細構造

電子顕微鏡の発達に伴い、たとえば光学顕微鏡では何もないように見えていた細胞質の部分にも小胞体やリボソームなどがあることが わかった。また、各構造体の微細構造も明らかになってきた。

生体膜

核・ミトコンドリア・葉緑体・細胞膜・ゴルジ体・小胞体・リソソーム・液胞は、いずれもよく似た構造の膜でできており、これらの膜を総称して生体膜という。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る