▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】鎖国政策の要点ポイント

【高校日本史】鎖国政策の要点ポイントです。

スポンサーリンク

鎖国政策のポイント

徳川秀忠政権は貿易の制限などを目的として、中国船を例外としてすべての外国船の来航を並戸と長崎の2港に制限した。奉書とは、老中が海外に渡航しようとする日本船に発行した渡航許可証である。徳川家光は日本人の海外渡航を禁止し、すでに海外にいる者の帰国も禁じた。

キリスト教の禁教

徳川家光はキリスト教禁止の徹底をはかり、ポルトガル人を追放した。江戸時代初期には、ポルトガル商人によって中国産生糸が大量に輸入された。1641年、鎖国政策の一環として、オランダ商館が平戸から長崎の出島へと移され、鎖国が完成した。

島原・天草一揆

島原・天草一揆は、キリスト京都の多かった島原や天草の人々が、天草四郎(益田時貞)を大将にしておこしました。幕府に鎮圧されます。このころ、鎖国が完成し、幕府による禁教、貿易統制、外交独占の体制となりました。キリスト教徒を発見するために、キリストや聖母マリアの像を踏ませる絵踏や仏教の信者であることを証明する宗門改を行いました。

長崎の出島

江戸時代には中国人の居住地を、長崎の唐人屋敷に限定した。朝鮮との貿易は、対馬の宗氏が行い、朝鮮の釜山に倭館が置かれていた。日中間には国交がなく外交使節の往来もなかったが、長崎での中国貿易などを通じて文物の交流がなされた。謝恩使が国王の代替わりごとに琉球から幕府に派遣された。

コメント

テキストのコピーはできません。