【高校世界史】パルティアとササン朝

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】パルティアとササン朝に関して、覚えておきたい用語についてまとめています。

パルティアとササン朝

  • セレウコス朝…アレクサンドロスの死後、彼の後継者が西アジアに建国したギリシア系の王朝
  • バクトリア…前3世紀にギリシア人が独立し、アム川上流に建てた国
  • パルティア…前3世紀にイラン系遊牧民がカスピ海東南に建てた国。この国は前1世紀以降クテシフォンを都とし東西交易を独占して栄え, ローマ帝国と争ったが、3世紀にイラン人に倒された。中国では「安息」と呼ぶ。
  • ササン朝…224年パルティアを倒し、イラン系農耕民が建てた王朝
  • シャープール1世…ササン王朝の第2代の王で, ローマを破り広大な領土を統一した, 3世紀の王
  • ホスロー1世…突豚と組んでエフタルを滅ぼし、東ローマのユステ ィニアヌスと戦うなど、最盛期を築いた6世紀の王
  • ニハーヴァンド…イスラーム勢力に対して完敗し、王国の事実上の前壊を招いた642年の戦い
  • アヴェスター…ササン朝においてはゾロアスター教が国教とされた教典
  • マニ教…3世紀にこれら種々の宗教を融合しておこった、善悪二元論に立つ宗教。この宗教は国内では弾圧されたが、ウイグル人に信仰されたり、中国やフランスにまで伝わった。
  • 正倉院…ササン朝の銀器・ガラス器・毛織物などは, 地中 海世界から中国・日本にまで伝来した。そのことを示す奈良東大寺の宝物庫
  • 漆胡瓶…正倉院に納められた、ササン朝様式の水差し
スポンサーリンク

正倉院

正倉院の宝庫は、風通しをよくし、湿気を防ぐために、壁面を三角形の木材で組んだ「校倉造」の建築様式で知られる。また、正倉院には、聖武天皇が愛用した工芸品が数多く納められている。このうち、紺瑠璃坪(紺色のカップ形のグラス)・漆胡瓶(うるし塗りの水さし)・伎楽面・螺鈿紫檀五絃琵琶などは、ローマ、西アジア、インドなどを起源とするものである。

あわせて確認

以上が、【高校世界史】パルティアとササン朝となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする