大学入試制度の種類|公募制特別推薦入試とは

シェアする

スポンサーリンク

大学入試制度の種類|公募制特別推薦入試とは…についてまとめています。

公募制特別推薦入試

同じ公募制の推薦入試でも、一般推薦と特別推薦(スポーツ推薦、文化活動推薦、自己推薦など)の大きな違いは、その出願条件にあります。評点平均値などの学業面が重視される場合が多い一般推薦に対し、特別推薦では、スポーツや文化活動、地域貢献活動などの実績を持つことが条件になります。スポーツ推薦は高校時代に打ち込んだスポーツを大学入学後も続けていく 意志のある人が対象とされることがほとんど。

スポンサーリンク

自己推薦

自己推薦は“自分で自分を推薦する”ことが特徴で、内容に特別な制限はない場合が多いです。生徒会な と高校内での活動に限らず、「絵画コンクールで入賞した」「ボランティア活動 を通じて表彰された」など、自分自身を強くアピールできることがあれば、受験し てみる価値はあります。

特徴

特別推薦入試には、商業科、工業科など普通科以外の高校生のみを対象 いにした推薦入試など、大学や学部によって個性的で特徴ある方式が用意されていますから、よく探してみましょう。学業以外に「高校生活を通じて打ち込んだ何か」を求められる!ということになるでしょう。

向いている人

  • スポーツや文化活動で実績を残す自信がある人
  • 人に負けない趣味や特技がある人
  • 資格取得に向けて勉強を始めている人
  • 自己をアピールすることが得意な人

対策のポイント

  • 志望する大学の推薦方法をチェック。
  • これだけは誰にも負けないといえることを身につける。
  • 実技試験が課せられる場合は、どんな内容か調べておく。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

フォローする