【高校生物】生殖の方法・仕方まとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】生殖法についてまとめています。

生殖細胞

減数分裂を経てつくられる核相の生殖のための細胞

  • 胞子…単独で細胞分裂を開始して次の個体になる。
  • 配偶子…合体したあと,細胞分裂を開始して次の個体になる。
スポンサーリンク

生殖方法

無性生殖→配偶子を用いない生殖法

  • 分裂…ゾウリムシ、イソギンチャク
  • 出芽…ヒドラ、酵母菌
  • 胞子生麺…アオカビ、マツタケ、シダ植物など
  • 栄養生殖…オランダイチゴ、ジャガイモ

確認【高校生物】無性生殖の種類

有性生殖

配偶子を用いる生殖法

  • 同形配偶子接合…アオミドロ ゾウリムシ
  • 異形配偶子接合…ミル ※特に精子と卵による異形配偶子接合を受精という。

分裂

分裂は1つの個体が均等に分かれて、個体数が増えていく生殖法で、イソギンチャクのような多細胞生物でも体が均等に分かれて増殖するものがいます。

出芽

生物体の一部が膨らみ、不均等に分離して新個体を生じる生殖法が出芽です。

胞子生麺

減数分裂で生じた胞子が体細胞分裂をくり返し、次の個体となる生殖法が胞子生殖です。

栄養生殖

植物の器官には根・茎・葉・花があり、花以外の器官を栄養器官といいます。花は生殖器官。栄養器官が母体から脱離し、新個体となる生殖法を栄養生殖といいます。オランダイチゴでは走出茎、ジャガイモでは塊茎から新個体ができます。

配偶子

配偶子の接合(=合体という意味)により新個体をつくる生殖法が有性生殖です。接合する配偶子に大きさの違いがある場合、大きい方を雌性配偶子、小さい方を産性配偶子といいます。特に移動能力をもたない雌性配偶子を卵、卵と受精する雄性配偶子を精子といい、卵と精子による接合を受精といいます。

有性生殖では減数分裂と接合を行い、多様な遺伝子構成の子孫を残すことができます。そのため、環境の変化に適応しやすいというメリットがあります。しかし、好適環境下では無性生殖の方が増殖速度が大きいというメリットがあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る