入試制度の種類|公募制一般推薦入試とは

シェアする

スポンサーリンク

入試制度の種類|公募制一般推薦入試とは…についてまとめています。

公募制一般推薦入試

公募制一般推薦入試は、大学あるいは学部ごとに提示されている出願条件を満たし、高校からの推薦書があれば、原則的にどの高校からでも受験できます。

スポンサーリンク

出願条件

出願条件は大学あるいは学部ごとに多少の違いはありますが、その大学。学部専願(第1志望)であることに加え、評点平均値や成績概評が求められる基 準を超えていることなど、学業成績について問われるのが一般的です。 合格率は指定高制推薦入試ほどには高くありませんが、募集人数は推薦入 試方式の中では比較的多いので、出願条件を満たしているならば、挑戦してみる価値は十分にあります。

選抜方法

選考方法は、書類審査の他に、面接、小論文、学力試験などが一般的で、国公立大学の場合はセンター試験が課される場合もあります。出願条件の評点 平均値は高校1年生時の成績も含めて算出されますから、ふだんの授業や定期テトをおろそかにせず、評点平均値を上げておくことが合格につながります。また、小論文対策は短期間で実力を上げるのは難しいので、早い段階から意識しておくと良いでしょう。高1からのガンバリが、合格のチャンスを広げる!と言えるでしょう。

向いている人

  • 定期テストをおろそかにしない人
  • 受験のチャンスを増やしたい人
  • オールマイティ型(苦手科目が少ない)人
  • 憧れの大学になんとしても(志望理由がある)合格したい人

対策ポイント

  • 苦手科目があれば、克服する。(定期テストでは、毎回全力で)
  • 小論文対策も意識しておく。
  • センター試験の勉強も、並行しておく。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク