【高校生物】生命の起源

【高校生物】生命の起源についてまとめています。

スポンサーリンク

生命の起源

地球の誕生は、約46億年前、微惑星の衝突によって形成された。

自然発生説

「泥からウナギが生まれる」などの、生物は無生物から自然に発生するという考え。レディやバスツールにより否定された。

化学進化説

「原始地球上において生命が発生する条件がそろい、無機物から有機物ができ、長い時間をかけて化学反応によって生命が誕生するための材料が生成した」という最初の生命発生に関する説。

ミラーの実験

当時原始大気と考えられ ていたCH4(メタン)・NH3(アンモニア)・H2O(水)・H2(水素)から放電や熱による化学反応でアミノ酸ができることを確かめた。(現在では原始大気の主成分はCO2,N2, H2O,COなどと考えられている。)

原始生物へ

原始の海の有機物(アミノ酸・塩基・糖・核酸など)が膜様物質に包まれて独立した代謝・自己増殖などを行う生命体となったとする。コアセルベート説(オパーリン)、RNAワールド説などが有力。海底の熱水噴出孔が生命誕生の場として注目されている。

原始生物の誕生

約40~38億年前、原始的な細菌類の誕生。有機物をとり込んで嫌気呼吸をする従属栄養生物の細菌とメタン・水素・硫黄などを酸化させてエネルギーを得る独立栄養生物の化学合成細菌。最古の化石は、約35億年前の細菌の化石。オーストラリアの地層から。

生物
スポンサーリンク
高校生学習勉強サイトGAKUMO

コメント