【高校生物】生体防御

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】生体防御についてまとめています。

生体防御

体外から侵入したウイルスや細菌などの異物を排除して、生体を防御する働きが免疫です。免疫には、白血球やさまざまな血しょう中の物質が関与しています。

  • 白血球…色素のない血球で、アメーバのように自由に動いて、からだの中にはいってきた細菌などをとらえるはたらきをする。リンパ球も白血球の一種である。
  • 血しょう…血しょうは、血液中の透明な液体で大部分が水である。これにタンパク質やブドウ糖、アミノ酸、脂肪、無程 (塩類)などが含まれている。
スポンサーリンク

白血球の異物取り込み

まず、大型の白血球が異物を取り込みます(=食作用の)。そして、白血球の一種であるリンパ球に食べた異物の情報を伝えます。この後は大きく2種類の免疫で異物の排除を行います。

体液性免疫

1つめは体液性免疫という免疫です。リンパ球の一種が異物を排除するためのタンパク質である抗体を産生します。抗体が結合する異物を抗原といいます(=抗体をつくらせた原因の張本人ですね))。抗体は抗原と結合し(=抗原抗体反応)、抗原が排除されます。

細胞性免疫

2つめは細胞性免疫という免疫です。リンパ球の一種が 直接に異物を攻撃します。細胞が攻撃するので細胞性です。臓器移植の際の拒絶反応は細胞性免疫の代表例です。

免疫記憶

体液性免疫にしても細胞性免疫にしても、1回異物を攻撃すると、その異物の情報が記憶されます。これを免疫記憶といいます。よって、同じ異物の2回目以降の侵入に対しては、すばやくそして、強く攻撃することができます。この免疫記憶をうまく利用したのがワクチン療法です。インフルエンザの季節が来る前にインフルエンザウイルスの欠片を注射して、免疫記憶を成立させておくということです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る