▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】大正時代の頃の政党政治のポイント

【高校日本史】大正時代の頃の政党政治のポイントです。

スポンサーリンク

政党政治への流れ

米騒動の責任をとって総辞職した寺内正毅内閣に代わって、1918年9月、立憲政友会総裁の原敬が、日本で最初の政党内閣を組織。

1924年1月に、官僚の清浦圭吾内閣が成立すると、憲政会・立憲政友会・革新倶楽部の護憲三派は、政党内閣と普通選挙を求める運動をおこした。その結果、清浦内閣は倒れ、6月に憲政会総裁の加藤高明が連立内閣を組織し、政党政治が復活した。(第二次護憲運動

関東大震災の直後には、根拠の無い流言をもとに、多くの朝鮮人が自警団や官憲によって虐殺された、関東大震災による混乱の中で、無政府主義者の大杉栄と伊藤野枝が憲兵によって殺害された。1925年(大正14年)には普通選挙制度が成立したが、普通選挙論を唱えた政治学者には吉野作造がいた。

加藤高明内閣成立以来、1932(昭和7)年の五・一五事件で犬養毅内閣が崩壊するまで、政党内閣がつづき、立憲政友会と憲政会(のち立憲民政党)の二大政党が交代で政権を担当した。ただ一人の元老西園寺公望や総理大臣経験者などの重臣たちも、政党政治を「憲政の常道」とみなして、これに協力した。しかし、議院内閣制が憲法上に制度化されたわけではなく、議会の権限はかぎられたもので、軍部・枢密院・官僚のような議会外の勢力もなお大きな力をもっていた。また政党政治とはいっても、総選挙の結果により政権の交代がおこなわれたことはほとんどなく、野党は政権をとるため、しばしば議会外の勢力と手をにぎって政府・与党を攻撃した。

■ 憲政の常道
慣例として、衆議院で多数の議席を占める政党が内閣を組織することである。

第一回普通選挙

第1次加藤高明内閣の選挙法改正に基づく最初の衆議院議員選挙で、無産政党から8名が当選した。第一次世界大戦後、労働者・農民の利益を代表する、労働農民党などの無産政党が結成された。第一回普通選挙では、その無産政党からの当選者も出た。「

治安維持法

治安維持法は、「国体」の変革と私有財産制度の否認を目的とする結社運動の取り締まりを意図していた。田中義一内閣のときに、特別高等警察(特高)が全国に設置された。治安維持法第一条に示された最高刑は、田中義一内題のときに死刑に訂正された。治安警察法と治安維持法は、ともに1945年に廃止された。

金権政治

政党相互の対立はいちだんとはげしくなった。

普通選挙の実施で有権者が急増したため、選挙資金はますます巨額になった。

政党は政治資金の調達などをつうじてふかく財界とむすびつき、政党政治家の汚職事件もしばしばおこった。

そのため政党政治は「金権政治」であるとして、国民の不信感が高まった。

このような状況のなかで軍部や国家主義団体などの政党政治排撃の動きがしだいに勢いを増していった。

コメント

テキストのコピーはできません。