【高校地理】世界の人口問題

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】世界の人口問題についてまとめています。

世界の人口問題

発展途上国で食料不足など、先進工業国で労働力不足などが問題となっています。現在、世界の人口の80%あまりが発展途上国に住んでいる。とくにアフリカでは人口増加が激しく、人口の増加に 食料生産が追いつかず、食料不足になやむ国が多い。
確認【高校地理】入試やテストに出る「人口に関する」まとめ

  • 食料不足…干ばつなどによる不作のほか、長く続く内戦や政情不安による耕地の荒廃、それにともなう難民の増加も大きな要因になっている。
  • 格差の拡大…人口の急激な増加は、失業者の増加をまねき、貧困層の拡大にもつながる。近年は、農村から都市への人口移動が進み、それにともなう都市のスラム化が問題になっている。
  • 労働者不足…先進工業国では出生率の低下による労働力不足が問題になっている。そのためヨーロッパでは、トルコなど地中海沿岸諸国や旧植民地の国々から多くの外国人労働者を受け入れてきた。
スポンサーリンク

世界の人口増加

  • 人口増加…産業革命以後,急増。1800年に9億1900年に16億 2000年には60億に達した。(国連人口基金による)
  • 人口爆発…第二次世界大戦後、発展途上国の人口が急増。

居住地域の拡大

  • エクメネとアネクメネ…エクメネ(居住地域)は拡大。アネクスネ (非居住地域)は, 高山・砂漠・極地に分布し,全陸地の1割ほど。
  • エクパネの限界…極地限界・乾燥限界と垂直限界。

世界の人口分布

北半球の温帯・アジアの稲作地域に多い。人口密度は地域の人口支持力を直接あらわすものではない。

  • 人口密度…ある国や地域の人口を、面積で割ったもの。
  • 高い地域…アジアの稲作地域、アメリカ・ヨーロッパの都市部。
  • 低い地域…乾燥帯など自然条件が厳しい地域。

かたよる人口分布で、アジアに約6割、アジア・アフリカ、中南アメリカの3地域に、約8割の人口が集中。

人口構成と人口転換

  • 年齢別人口構成…人口ピラミッドで示す。ピラミッド型(途上国)→釣鐘型→つぼ型(高齢化)へと移行。
  • 入口の変化…自然増加(出生数と死亡数の差)と社会増加(人口移動)。多産多死→多産少死→少産少死へと移行する(人口転換)。

人口対策

  • 人口急増地域(インドなど)…家族計画の普及, 国民所得向上による出生率の低下, 初等教育の普及(識字率の向上)などが対策。
  • 人口停滞地域(EU諸国)…高齢化社会。

日本の人口問題

戦後ベビーブーム。近年、少子高齢化が加速(合計特殊出生率の低下)。過密地域(太平洋ベルト)と過疎地域の拡大。日本の人口は、約1億2700万人(2015年)である。 第二次世界大戦後に増加を続け、1960年代後半に1億人を突破した。しかし、出生率は年々低下しており、2005年には、初めて前年に比べて人口が減少した。今後も人口の減少傾向が続くと予測されている。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク