【高校世界史】1900年初頭の国際対立の激化

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】1900年初頭の国際対立の激化です。

国際対立の激化とは

列強と帝国主義が盛んになり、欧米で資本主義が急速に発展。資本家が経済を支配。列強は、イギリス・ドイツ・アメリカ・フランス・ロシアであり、帝国主義をとり、列強の国々は、資源た市場を求めてアジアやアフリカに進出。軍事力によって植民地化。
確認【高校世界史】帝国主義まとめ

  • ビスマルク体制…フランスの孤立化をはかる。オーストリア・イタリアと三国同盟。三帝同盟→ロシアと再保障条約。
  • ビスマルク引退後…ヴィルヘルム2世による世界政策。3B政策推進。
  • ロシア…フランスに接近→露仏同盟。
  • イギリス…「光栄ある孤立」を捨て、日英同盟。英仏協商・英露協商により三国協商が成立→三国同盟と対立。
  • バルカン問題…ブルガリア独立。オーストリアがボスニア・ヘルツェゴビナを併合。パン=スラヴ主義とパン=ゲルマン主義の対立。
スポンサーリンク

日英同盟とは

1902年ロシアに対抗する日本と中国の利権拡大を狙うイギリスが結んだ同盟。

第一次世界大戦とは

第一次世界大戦のきっかけは、サライェヴォでオーストリアの皇太子夫妻がセルビア人の青年に暗殺されたことで始まります。ドイツ、オーストリア、トルコなど同盟国側とイギリス、フランス、ロシアの連合国側が戦う。日本は日英同盟を理由に連合国側で参戦。

  • サライェヴォ事件…1914年オーストリア皇位継承者夫妻の暗殺→塊がセルビアに宣戦。
  • 大戦…1914年列強が参戦。同盟国はドイツ・オーストリア・オスマン帝国・ブルガリアの連合国は三国協商諸国・日・伊など27か国→ドイツの無制限潜水艦作戦→ 1917年アメリカが連合国側に参戦。1918年革命ロシアはドイッと単独講和。
  • 終戦…1918年ドイツ革命で皇帝退位→共和国が成立し、連合国と休戦。

詳細【高校世界史】第一次世界大戦のポイント解説まとめ

ロシア革命とは

第一次世界大戦が長引くとロシアで戦争や皇帝の専制による民衆の不満が爆発。「パン・平和・自由」を求めて、労働省のストライキや兵士の反乱が続き、代表会議=ソビエトが各地で形成。
詳細【高校世界史】ロシア革命

  • 二月革命(三月革命)…1917年ペトログラードのストライキ→労働者・兵士がソヴィエトを結成→ニコライ2世退位、臨時政府の成立。
  • 臨時政府…社会革命党・メンシェヴィキが主力。ドイツとの戦争を継続。
  • 十月革命(十一月革命)…レーニンのボリシェヴィキがケレンスキーを倒す。
  • ボリシェヴィキ独裁…ドイツと単独講和(ブレスト=リトフスク条約)。ロシア共産党と改称。首都モスクワ。対ソ干渉戦争に対し、赤軍を組織し、戦時共産主義を断行。1919年コミンテルン(共産主義インターナショナル、第3インターナショナル)を設ける。1922年ソヴィエト連邦の成立。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク