▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校政治経済】選挙制度の基本原則の要点ポイント

【高校政治経済】選挙制度の基本原則の要点ポイントです。

スポンサーリンク

選挙制度の基本原則

  • 普通選挙…人種・信条・性別・社会的身分・門地・財産および収入で有権者の資格を制限せず、成年者すべてに選挙権を与える選挙。→制限したものを制限選挙という。
  • 平等選挙…選挙人の社会的身分や財産・納税額などで票の価値を差別せず、1票の価値の平等を保障する制度。
  • 直接選挙…選挙人が候補者に対して直接投票を行う制度。アメリカ大統領選挙に見られる間接選挙に対比される。
  • 秘密選挙…選挙人が無記名投票を行うこと。投票の自由を保障。

小選挙区制と大選挙区制

  • 小選挙区制…各1つの選挙区から1人の候補者が当選する制度。
  • 大選挙区制…1つの選挙区から複数の候補者が当選する制度。

小選举区制メリット

  • 二大政党制による政権の安定が得られる。
  • 議員と選挙民との関係が密接になる。
  • 選挙費用が比較的少額ですむ。
  • 候補者の乱立を防止し、選挙の取り締まりが徹底しやすい。

大選挙区制メリット

  • 小選挙区制よりも死票が少ない。
  • 少数派でも代表を送ることが可能。
  • 国民の意思が議会に公平に反映される。
  • 国民の代表として有能な人物を選出できる。

小選举区制デメリット

  • 死票が多く生じる。
  • ゲリマンダーの危険性が大きい。
  • 選挙干渉、買収などの不正が行われやすい。
  • 少数党の進出をはばみ、全国民の代表者としての適格性を備えない地方的ボスが当選しやすい。

大選挙区制メリット

  • 小党分立の傾向を強め、政局の不安定化を招きやすい。
  • 選挙区が広いため多額の選挙費用が必要。
  • 同一政党に属する候補者間の同士打ちを招きやすい。
  • 補欠選挙などが行いにくい。

かつての選挙制度

日本では、かつて(1993年までの衆議院議員選挙で、1選挙区から3から5名を選出する中選挙区制を採用していた。これは大選挙区の一種で、その長所・短所の傾向も大選挙区制のものにあてはまるが、極端な小党分立になることはなかった。

コメント

テキストのコピーはできません。