▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】戦国時代の要点ポイント

【高校日本史】戦国時代の要点ポイントです。

スポンサーリンク

戦国大名の興亡

15から16世紀、関東管領上杉氏の一族内で、山内上杉家と扇谷上杉家とが対抗するようになった。武田氏や今川氏は、南北朝時代から守護職を受け継ぎ、戦国大名へと成長していった一族である。毛利氏は国人から戦国大名へと成長していった一族である。15世紀末には北条早雲が伊豆に攻め入り、小田原を本拠にして関東支配に乗り出した。大内氏の城下町山口には、京都の公家が多く移り住み、古典の講義などが行われた。

戦国大名の誕生。将軍は、京都を中心とするわずかな地方のみを支配。

  • 下剋上…実力あるものが、力のばして上の身分の者に打ち勝って、下剋上の風潮が広がりました。
  • 戦国大名…守護大名の地位をうばって実権をにぎった者、守護大名が成長した者が各地に登場。
    応仁の乱以降を、戦国時代といいます。
  • 城下町…戦国大名が領国(りょうごく)をつくり、城の周辺に家来を集め、商工業者を呼び寄せ、城下町です。

分国法

守護代・長尾氏からでて関東管領家をついだ上杉謙信(長尾景虎)は、北条氏や武田氏と戦った。16世紀には結城氏新法度(結城家法度)が制定された。喧嘩両成敗法は、紛争当事者が私闘によってその解決をはかることを禁じたものである。戦国大名の多くは、その国内で薬会を出したり、関所を撤廃するなどした。戦国大名の多くは商工業者の歳下部への集存をうながして城主はの発展に努め、領国内の交通路も整備した。

検地

戦国大名は農村の支配をいっそう進めるために検地をおこない、土地の生産状況を詳しく調べていった。その結果把握された年貢量をもとにして、家臣に支配させる土地の広さや、家臣らに負担させる軍事的装備を決定した。

コメント

テキストのコピーはできません。