【高校日本史】戦国時代まとめ・問題演習

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】戦国時代についてまとめています。

戦国大名の興亡

15~16世紀、関東管領上杉氏の一族内で、山内上杉家と扇谷上杉家とが対抗するようになった。武田氏や今川氏は、南北朝時代から守護職を受け継ぎ、戦国大名へと成長していった一族である。 毛利氏は国人から戦国大名へと成長していった一族である。15世紀末には北条早雲が伊豆に攻め入り、小田原を本拠にして関東支配に乗り出した。 大内氏の城下町山口には、京都の公家が多く移り住み、古典の講義などが行われた。
参考【日本史】室町時代の一揆や戦乱

スポンサーリンク

分国法

守護代・長尾氏からでて関東管領家をついだ上杉謙信(長尾景虎)は、北条氏や武田氏と戦った。16世紀には結城氏新法度(結城家法度)が制定された。 喧嘩両成敗法は、紛争当事者が私闘によってその解決をはかることを禁じたものである。 戦国大名の多くは、その国内で薬会を出したり、関所を撤廃するなどした。戦国大名の多くは商工業者の歳下部への集存をうながして城主はの発展に努め、領国内の交通路も整備した。

検地

戦国大名は農村の支配をいっそう進めるために検地をおこない、土地の生産状況を詳しく調べていった。その結果把握された年貢量をもとにして、家臣に支配させる土地の広さや、家臣らに負担させる軍事的装備を決定した。

戦国時代 練習問題

次の2つの分国法の条文から、戦国大名が農村と農民をどのような方法で支配しようとしていたか、80字以内で説明しなさい。

  1. 朝倉孝景条々(朝倉敏景十七箇条)…「朝倉が館之外、国内□城郭を構へさせまじく候。惣別分限あらん者、一乗谷へ引越、郷村には代官ばかり置かる可き事。」
  2. 塵芥集…「百姓、地頭の年貢所当相つとめす、他領へ罷り去る事、盗人の罪科ハたるへし。」

解答

家臣を城下町に移住させ、農村への直接的な影響力を失わせようとした。また、農民の村内定住を強制し、年貢を確実に納入させることで、支配力を農村までおよぼそうとした。

戦国時代 まとめ

戦国大名の誕生。将軍は、京都を中心とするわずかな地方のみを支配。

  • 下剋上…実力あるものが、力のばして上の身分の者に打ち勝って、下剋上の風潮が広がりました。
  • 戦国大名…守護大名の地位をうばって実権をにぎった者、守護大名が成長した者が各地に登場。
    応仁の乱以降を、戦国時代といいます。
  • 城下町…戦国大名が領国(りょうごく)につくったのが、城下町です。
  • 城…山に築いていた城を、交通の便のよい平地に築きました。城の周辺に家来を集め、商工業者を呼び寄せ、城下町をつくりました。
  • 分国法…鎖国を統一して支配するため、独自の法を定めました。用水路の建設、鉱山の開発。交通路の整備、座の廃止。

日本史 あわせて確認

以上が、【高校日本史】戦国時代まとめ・問題演習となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク