【高校生物】神経組織

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】神経組織についてまとめています。

神経組織

刺激を伝えるはたらきをもつ組織。神経細胞(ニューロン)とよばれる細胞からなり、脳やせき髄などの 中枢神経系とそれからからだのすみずみへ分布する末しょう神経系とを構成する。

スポンサーリンク

ニューロン

神経組織を構成する細胞(神経細胞)は風変わりな細胞で、昔は1つの細胞かどうかさえわからなかったので、ニューロンとよんだ、核のある細胞体と、多数の短い突起である樹状突起と、1本の長くのびた軸索(神経突起)とからなる。

神経鞘(シュワン細胞)

軸索は長いので、細胞体から栄養分をもらうことが儀しく、多数の神経鞘が取り巻いてまっている。

神経繊維

細胞体からのびる突起のうち、特に長いものを神経繊維という。ふつうは軸策を神経鞘が取り巻いたものをさすが、神経鞘のないものでは軸素そのものをさすこともある。ヒトの座骨神経では, 1mにも達する。

有髄神経(有髄神経繊維)

神経鞘が軸索を何重にも取り巻いて、髄鞘とよばれる構造が見られるものを有髄神経(有髄神経繊維)という。ほとんどの脊つい動物で見られ、ヒトでは交感神経以外はすべて有髄神経である。

無髄神経(無髄神経繊維)

髄鞘のないもの。無許つい動物に見られる。神経の興奮とその伝導は、ニューロンは刺激を受けると興奮し、それを伝える。有髄神経は無髄神経に比べては、伝導速度が非常に速い。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク