【高校生物】浸透圧調節

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】浸透圧調節についてまとめています。

海水生硬骨魚類の浸透圧調節

海水生硬骨魚類の体液浸透圧は海水の浸透圧よりも低く保たれています。そこで、水はえらや消化管から体に浸透して、失われる傾向にあります。そこで、海水生硬骨魚類は大量の海水を飲みます。

  • 消化管…口→食道→胃→小腸→大腸→肛門の順につながった食物の通り道。

水だけでなく過剰に塩類が体内に入ってきてしまうため、えらから体外に能動輸送で塩類を排出します。また、体液と等張な尿を少量排出して水の損失を少なく保っています。

淡水生硬骨魚類のの浸透圧調節

逆に、淡水生硬骨魚類は体液の浸透圧の方が外液の浸透圧よりも高く保たれています。よって、体内に水が浸透する傾向にあり、多量の低張尿を排出します。しかし、尿中には塩類が溶けており、このままでは体内の塩類が不足してしまいます。淡水生硬骨魚類はえらから体内に 能動輸送で塩類を取り込んでいます。

サメやエイといった海水生軟骨魚類は体液中に尿素を蓄積することで、体内の浸透圧を海水の浸透圧とほぼ等しく保つ (体液の浸透圧の方がやや高い)作戦をとっています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る