▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校倫理】ギリシア哲学について

【高校倫理】ギリシア哲学についてまとめています。

スポンサーリンク

ギリシア哲学

自然哲学は、小アジアのイオニア地方のミレトスなどの植民都市でおこった。初期の哲学者たちは、主として自然の本性(ピュシス) を探究し、その根源(アルケー)を知ろうとした。

■ アルケー…万物の根源であり、タレスは「万物がそこから生じ、そこへと消滅していくもの」であると説明。

ギリシア哲学の特色は、このように現実世界のさまざまな事象を、その根源的な原理から説明しようとしたことである。経験的事実から論理的に推論して結論を導いた点に意義があり、神話的世界観と異なる合理的世界観が見られる。

自然哲学者

  • タレス(前624頃~前546頃没)…自然哲学の祖。「万物の根源(アルケー) はである」と言った。その根拠として、生命の維持には水が不可欠であるといった経験的事実をあげた。
  • アナクシマンドロス(前610頃~前546頃没)…アルケーを「無限なるもの (ト=アペイロン)」とし、万物は無限なるものから分出して再びそこへ帰るとした。
  • アナクシメネス(?~前525没)…アルケーを空気であるとし、空気の濃厚化と希薄化により万物の生成を説明。
  • ピタゴラス(前6世紀頃)…アルケーをであるとし、世界は数的な秩序によって調和が保たれているとした。
  • ヘラクレイトス(前540頃)…アルケーをであるとした。世界を理法(ロ ゴス)にしたがって生成と消滅をくり返す流動としてとらえ、「万物は流転する(パンタ=レイ)」と説いた。
  • エンペドクレス(前493頃~前433頃没)…アルケーを地・水・火・風(土・水・火・空気)の4元素に求め、それらが「愛」と「憎」の2つの力で離散・集合し、万物が生成消滅するとした。
  • デモクリトス(前460頃~前370頃没)…アルケーを原子(アトム)であるとした。彼は万物の根源を、それ以上分割できない物質の最小単位(原子)に求めた。アトムが空虚(空間)の中を運動して結合・分離することにより万物が形成されるという、唯物論的な原子論を展開。
倫理
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。