▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】江戸時代の諸藩の藩政改革の要点ポイント

【高校日本史】江戸時代の諸藩の改革の要点ポイントです。

スポンサーリンク

諸藩の改革

19世紀後半ごと、諸藩も深刻な財政難にみまわれていた。そこで、これを乗り切ろうとして大商人から借金したり、年貢の率を挙げたり、特産物を専売制にしたりしたが、大商人は大名貸(大名への貸し付け)をしぶり、農民も専売制に反対するなどしたため多くは失敗した。

その中で、薩摩藩や長州藩などでは、有能な中・下級武士を多く用いて藩政改革を推し進め、強引な手法で財政の立て直しに成功した。その他、肥前藩、土佐藩、宇和島藩、越前藩なども藩政改革に成功した。

近代化への動き

幕末、佐賀藩は反射炉を築造し、大砲を鋳造した。佐賀藩の鍋島直正は農村の再建をめざして均田割を実施した。長州藩の村田清風は、藩財政の再建をはかる一方、農具の不満をやわらげるため専売制を改革した。また、越荷方の制度を整えた。 こうして長州藩では、巨額の借財を整理するとともに、下関の越荷方を拡大して利益をあげた。

コメント

テキストのコピーはできません。