▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】江戸時代初期の外交の要点ポイント

【高校日本史】江戸時代初期の外交の要点ポイントです。

スポンサーリンク

江戸時代初期の外交・貿易

豊後に漂着したオランダ船リーフデ号の乗組員ヤン=ヨーステンは、外交顧問として徳川家康に重用され、平戸のイギリス商館設立に尽力した。ウィリアム=アダムズらが乗ったリーフデ号は、豊後臼杵に漂着した。徳川家康は、外交顧問としてウィリアム=アダムズを登用した。家康政権はポルトガル貿易を統制するために、京都・堺・長崎の特定の商人に糸割符仲間を作らせ、輸入生糸の一括購入をはからせた。

田中勝介…1610年、徳川家康によってスペイン領の明貴志子(ノヴィスパン)へ通商を求めるために派遣された京都の承認

糸割符制度

1604年、ポルトガル商人らの生糸貿易での利益独占を排除するため、幕府が定めた特定商人に一括購入される制度。生糸輸入の特権を与えられた承認の組合は、糸割符仲間という。

朱印船貿易

江戸時代初期に、伊達政宗は通商を求めて支倉常長をイスパニアへ派遣した。オランダ商館長は、幕府に対して『オランダ風説書』を提出した。「鎖国」は、ケンペルの著書『日本誌』の一部が19世紀に翻訳されて登場してあらわれた言葉である。京都の茶屋四郎次郎などの豪商は、幕府から海外渡航の許可を得て朱印船貿易に従事し、東南アジアにまで商圏を拡大した。角倉了以は、京都の豪商である。

コメント

テキストのコピーはできません。