高校世界史【近世の歴史要点】ここだけは押さえる!

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】近世の歴史についてまとめています。

宗教改革

ローマ教皇が大聖堂改築の費用を集めるため、免罪符を売り出しました。

  • 宗教改革…ルター(ドイツ)やカルバン(フランス)が宗教改革を始める。
  • プロテスタント…カトリック教会に反対して改革を集める人々。
  • イエズス会…カトリック教会内部で立て直しを目指す人々。
  • 免罪符…財政難に苦しむローマ教会やローマ教皇は、サン=ピエトロ大聖堂の改築費を集めるという名目で、農民に重税をかけたり、免罪符(贖宥状)を発行したりした。この免罪符を買えば罪が許され、天国に行けると教えたため、市民や農民の間に批判が高まった。
  • ルターの反発…分裂状態のドイツにカトリック教会の搾取が集中→教皇レオ10世が着状を販売→1517年、ルター「95か条の論題」を発表し批判。聖書中心主義と信仰至上主義を主張。
  • ルター破門…皇帝カール5世に追放される。新約聖書のドイツ語訳。
  • ルター支持…ドイツ農民戦争→シュマルカルデン戦争→1555年アウクスブルクの和議で、諸侯のルター派信仰を認める。
スポンサーリンク

カルヴァンの改革

1541年、フランス人のカルヴァンはスイスで宗教改革を行い,「信御にもとづいて職業にはげみ、貯蓄に努めることが 神の心にかなう」と説いた。この教えは、新興の商工業者の 多いフランス・イギリス・オランダなどに広がっていった。

  • ツヴィングリの改革運動…1519年チューリヒで始める。
  • カルヴァンの改革…16世紀半ば, フランス人カルヴァンがジュネーヴで新教的市政をしく。予定説。禁欲的な職業生活→富の蓄積を認める。
  • 各地のカルヴァン派…フランス(ユグノー)・オランダ・イギリスなどに広まる。

イギリス国教会の成立

  • 首長法…テューダー朝ヘンリ8世が教皇と対立→国内の教会を支配。
  • 統一法…メアリ1世が旧教に復した後、エリザベス1世は統一法でイギリス国教会を確立。

カトリック教会の革新(対抗宗教改革)

トリエント公会議で教皇の至上権を確認。イグナティウス=ロヨラらイエズス会創設→新大陸・アジアに布教。フランシスコザビエルは日本に。

主権国家体制の成立

16世紀ごろからヨーロッパの国王は、「国王の地位と権力は神から授けられたものであるから、人民はこれに服従しなければならない」という王権神授説をとなえ、絶対的な権力をにぎった。

  • 絶対王政…国王が官僚と常備軍により中央集権的専制政治を行う。貴族(領主層)と市民階級がその支柱。
  • 重商主義…官僚・常備軍の維持のため、産業・貿易を保護して多額の貨幣を得ようとした。国王は、これらの費用をまかない、国力を高めるために、国内の経済を統制し、大商人を保護して輸出向けの産業をさかんにして貿易を奨励した。

イギリスのエリザベス1世、フランスのルイ14世が典型的な絶対王政の王。

スペインとオランダの独立

  • カルロス1世…神聖ローマ皇帝カール5世を兼ねる(1519~56年)。
  • フェリペ2世…レパントの海戦(1571年)に勝利。ポルトガル併合。
  • オランダの独立…フェリペ2世はネーデルラントのカルヴァン派新教徒を抑圧→1581年北部7州(オランダ)がオラニエ公ウィレム(オレンジ公ウィリアム)を統領に独立(1648年ウェストファリア条約で正式に独立承認)。
  • スペインの衰退…無敵艦隊(アルマダ)の敗北。オランダの独立で衰退。

イギリスの主権国家

  • バラ戦争…貴族没落。ジェントリ・商人の支持で王権強化。毛織物業発達。
  • エリザベス1世…国教会確立。スペイン無敵艦隊を撃破。毛織物業の隆盛。

フランスの主権国家

  • アンリ4世(ブルボン家)…ナントの王令(勅令)でユグノー戦争終結。
  • リシュリュー(ルイ13世宰相)・マザラン(ルイ14世宰相)…三十年戦争に介入、貴族を抑えて王権強化。
  • ルイ14世の親政…王権神授説。蔵相コルベールが重商主義を推進。スペイン継承戦争などの侵略戦争。ナントの王令を廃止し、商工業者国外へ。

ルネサンス

イタリア

  • 東西貿易で諸都市繁栄…富裕な市民(メディチ家など)が芸術家を保護。イタリアは古代ローマの故地。ビザンツ帝国の滅亡で多くの学者が移住。
  • 14~15世紀…フィレンツェ中心。
  • 文学…ダンテ『神曲』、詩人ペトラルカ、ボッカチオ「デカメロン」。
  • 絵画・彫刻…レオナルド=ダ=ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ。
  • 建築・政治論…ブラマンテ(サン=ピエトロ大聖堂)、マキァヴェリ『君主論』。

西欧諸国

  • ネーデルラント…絵画のファン=アイク兄弟、エラスムス『農神礼讃」。
  • フランス…ラプレー「ガルガンチュアとパンタグリュエルの物語』、モンテーニュ『エセー(随想録)』。
  • イギリス…チョーサー『カンタベリ物語』、トマス=モア『ユートピア』、シェークスピア『リア王』『ハムレット』など。
  • 科学・技術…コペルニクスの地動説→ガリレイやケプラーが発展させる。火薬(火器)・羅針盤の改良・グーテンベルクの活版印刷術。

大航海時代

ヨーロッパの人々の間に香辛料(こしょうなど)・金・絹織物など、アジアの豊かな物資への要求が高まった。

  • 要因…胡椒の需要増大、オスマン帝国の貿易への参入、航海術の発達。
    インド航路…ポルトガル「航海王子」エンリケ→バルトロメウ=ディアス→ヴァスコ=ダ=ガマのインド到達(1498年)。ポルトガルはゴアを根拠地に。
  • アメリカ大陸…スペインのイサベルの援助でコロンブスが到達(1492年)。コルテスがアステカ王国(メキシコ)、ピサロがインカ帝国(ペルー)征服。
  • 世界周航…マゼラン(マガリャンイス)一行(1519~22年)。
  • 価格革命…スペインの新大陸植民地から金銀が流入し、西欧で物価騰貴。

スペインやポルトガルの国王は、アジアの物資を安く入手し、貿易によって国を豊かにしようとして、イタリア商人やイスラム商人の勢力下にある地中海を通らずに直接、アジアに行く航路を求め、新航路の開拓を援助した。

南北アメリカ文明

  • マヤ文明…4世紀ごろから9世紀にかけて、ユカタン半島中心。暦・ゼロの発見・二十進法。
  • アステカ文明…12世紀中ごろ、メキシコ高原。首都としてテノチティトランを造営。
  • インカ帝国…前1000年ごろ,南米アンデスにチャビン文化→15世紀後半、クスコ中心にインカ帝国。ケチュア語が公用語。キープ(結縄)による記録を残す。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る