▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校英文法】話法(直接話法と間接話法から時制の一致の有無)

【高校英文法】話法(直接話法と間接話法から時制の一致の有無)です。

スポンサーリンク

話法の種類

➊直接話法は、一人の言葉をそのまま伝える。
(例文)She said to me, “I bought this camera yesterday.

➋間接話法は、一人の言葉を自分の言葉に直して伝える。
(例文)She told me that she had bought a camera the day before.

➊➋の例文中のsaid to,toldを伝達動詞と呼ぶ。“  ”, that…の部分を被伝達部と呼ぶ。

スポンサーリンク

話法のルール

直接話法を間接話法に換えるときには、次のようなルールに従う。

(ルール①)伝達動詞を変える:said to → told(例文の場合は被伝達文が平叙文なので)
(ルール②)接続詞を補う:that(例文の場合は被伝達文が平叙文なので省略も可)
(ルール③)代名詞を伝達者の立場に立って変える:I→ she, this camera → that camera
(ルール④)伝達動詞が過去の時は時制の一致を行 : bought → had bought
(ルール⑤)副詞を内容に応じて変える:yesterday → the day before [the previous day]

(ルール①)伝達動詞が変わる

(例文)Ruth said to me, “Did you know the fact ?”→ Ruth askedme if(whether)I had known the fact.

伝達部の文の種類によって、伝達動詞は変わる。

  • 平叙文:tell, say, report, answerなど
  • 疑問文:ask, inquire, demandなど
  • 命令文:tell, ask, order, adviseなど
  • 感嘆文:cry, exclaim, sighなど
  • 祈願文:pray

(ルール③)代名詞を伝達者の立場に立って変える

(例文)He said, “I’ll come back tomorrow afternoon.” → He said that he’d come back the next afternoon.

副詞・代名詞は伝達者の立場や時間で次のように変える。

  • this(these) → that(those)
  • now → then
  • today → that day
  • yesterday → the previous day
  • the day before, tomorrow → the next [following] day
  • next week → the next [following) week
  • last night → the previous night / the night before
  • ~ ago → ~ before
  • here → there

など

スポンサーリンク

時制の一致

話法の転換に欠かせないのが、時制の一致である。

  • He says that it is a good idea. → He said that it was a good idea.

文の述語動詞が過去形になると、名詞節の動詞も自動的に過去(または過去完了)になる。

時制の一致に従わない時

(例文)We were taught that the earth goes round the sun.

文の述語動詞が過去形であっても、名詞節の動詞が時制の一致に従わないことがある。

  • 格言・習性: My father would often say that time is money. (現在)
  • 歴史上の事実: The teacher told us that World War I ended in 1945. (過去)
  • 仮定法: I wish I were a bird. → I wished I were a bird.
英語
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。