高校国語の勉強法|センター・入試での点の取り方

シェアする

スポンサーリンク

高校国語の勉強法|センター・入試での点の取り方についてまとめています。

高校国語の勉強法

国語というと暗記よりも読解科目だというが、実際には語彙力が高い人ほど読解 題にも強い。そもそも、センター試験でもまず漢字や語句の意味、古文や漢文の単語の意味が問われる。ここの部分での失点を、本番ではなくしたい。さらには、英語などの他教科でも、日本語訳や記述問題で漢字の間違いは減点される。その1点減点は致命傷になりかねない。ゆえに、学習の土台固めとして、現代文 については漢字や語の意味(センターの小説文 で出題されるような語句も含む、古文については古文単語とできれば古典常識、漢文は句形句法と頻出語句など、それぞれ暗記をおろそかにせず、読解問題につなげるようにしたい。

スポンサーリンク

漢字・語句の単語帳

「たかが漢字」と 侮ることのないようにすることがポイント!

たとえば「侮る=あなどる」が、読めない・書けないようでは、漢字の失点に加え文章読解にも影響は大きい。漢字が苦手な人は、まず「意味」と「読み」を単語帳で正確に暗記しよう。ポイントは「何度も見直す」こと。次に「書く」の作業。ここでは手を動かすしかないが、似たような漢字との区別を意識すること。「到」に「致」、さらには「至」「倒」などが加わってきたときに、きちんと「トウタツ」という字が書けるか? また、なぜ他の字を用いてはダメなのかを説明できるか (○到達、×倒達)。その際には、漢字の意味と読みが 大変重要になる。漢字学習は、「意味→読み→書く」で完成させよう。

古語・古典常識の単語帳

古文単語帳は 複数冊を使い回すとよい

古文は単語勝負。ただし、古文単語帳はタイプにより自分との相性がある。文章読解タイプ、ゴロ合わせタイプ、豊富なイラストで覚えるタイプなど、 1冊で完成させようとせず、複数を購入して使い回し、印象に残った単語から少しずつ潰していくと強い。

句形句法・語句の単語帳

暗記例文専用の 「白文ノート」を用意する

文の句形句法や語句は例文で覚えよう。ただその際、例文を「日文」の状態にすべきだ。そこから自分で測点を再現して音読し、意味がわかるように なって初めて読解で使える。「白文ノート(例文)」を作 って素読百遍すれば意自ずから通ず」である。

速読を意識する

毎日数分でも速読を 意識し、読むスピードをアップすることがポイント!

国語は問題文を読むのに時間がかかる、という人が多い。これをなんとかするには、ストップウォッチで計測し、できる限り速く問題文だけ速読してみよう。1日につき1題。センター現代文 なら、理想は1ページ=1分。初 日は時間がかかるが、2日目は速くなる。何度も読み直し目標タイムを達成したら、次の文章へ移る。 古文、漢文もやってみよう。ただそれだけ。要は、「集中して読む」時間を取ることだ。もちろん、読 めない漢字やわからない単語を読 み飛ばしては速読しても意味がない。記憶すべきアイテムはきちんと覚えよう。そのうえで、毎日コンスタントに集中して縦書きに目を慣らすこと。これが読むスピー ドをアップする近道だ。

古典常識を攻略

読解のバックグランドなので 古文常識は必要不可欠!

旧暦と新暦の違い、生活習慣、冠位官職など、古典常識 は読解のバックグラウンドなので必要な知識です。たとえば「(大納言殿の)御ありき」について、「ありき」は「ありく (=出歩く)」の名詞形だからと考えて「お散歩」と訳すと不 正解になります。大納言という身分の高い人が自らの足でテクテクとお散歩をすることは、ありえません。牛車を使うというのが古典常識です。であれば、「散歩」と訳すと意味が異なってしまうと考え、「御外出」が正しい訳となるでしょう。些細なことでも古典常識がないと減点されてしまいます。しっかり覚えましょう。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク